« 現像待ちの10本のフィルム | トップページ | ポルトガル NATAもBICAもカルカッサも »

2019.01.26

両親の新しいイス生活の巻

両親がどんな風にしたらより快適な生活ができるのか。

最近の妹と私の最大のテーマだ。

両親の選択肢にはないけれど、
私たちのアイデアや提案で、
より生活がしやすくなるものは何か。
昨年の秋の初め頃、気になっていたこと。
それは、両親がくつろぐ部屋は和室のため、
立ったり座ったりが億劫で面倒になり、
家の中での動きが少なくなってきているんじゃないか ・・ということ。
そんな矢先、
「イスの生活にしてみたらどお?」と妹からLINEをもらった。
以前リフォームの際に
「ソファーは嫌だ」と母が言っていたことを思い出す。
今の母はどう感じるだろう。
どんなに私たちが娘が「これ良いよー。楽だよ」と乗り気でも、
両親が気が進まないとか、
なんとなく嫌だとか、寂しさを感じるようなことは論外だ。
そこで。
まずは近所の家具屋さんに、
妹と姪っ子、そして父も一緒に下見に行ってみた。
父は「いいんじゃないか。お母さんが気に入れば」とのこと。
次に。
ショールームの予約をとって、
妹と両親と一緒に、
実際にさまざまなシリーズを体験しに行った。
最初、変化に戸惑っていた母も、
「そうねえ・・。うーん、思い切って、変えちゃおうか」と心が動き出す。
母が、張地は青色の皮で、台はオークがいい」と言う。
「わー、いいじゃん。北欧風みたいでかっこいいじゃん。
 さすがお母さん、センス良し!」と盛り上がる。
イス生活が決まった瞬間だった。
そして1ヶ月後。
わが家にどんな変化が待ち受けていたかと言うと・・・。
①体に負担のない快適なリラックスしたイス生活。
②和室は断捨離と模様替えで広く素敵に。
③食事は必ずキッチンでと決めメリハリがついた。
④食事の片付けも時間を空けずにいつもスッキリ。
⑤コミュニケーションが増えた。
 〜朝ごはんの集合もそうだけど、目線が上がることも要因かも〜
その変化をもたらすきっかけになってくれたイスがこちら。
ありがとー✨
Img_7100_3
ゆったりと脚をオットマンに預け、
テレビを観て笑ったり、読書したり、
コーヒーを楽しみ、くつろぐふたりの姿を見るのが
私は大好きだ。
両親に「どお、イス生活は?」と聞くと、
「うん、いいよ!ありがと、ありがと」と嬉しそうだ。
私まで嬉しくなる。
娘たちのエゴでも思いだけでもない、
両親の快適ライフに何ができるか、妹と私はまだまだ探り続ける。
ちなみに^ ^
「両親の新しいイス生活の巻」は
 昨年の私の嬉しかったことランキングの上位に食い込んでいる。

|

« 現像待ちの10本のフィルム | トップページ | ポルトガル NATAもBICAもカルカッサも »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事