« お茶する秋時間 | トップページ | 物語を育む本たち »

2018.11.15

お茶する時間、なぜぼーとできないか?

Img_4239_4

お茶する時間に、なぜ、ぼおおおとできないか?

帰宅すると必要以上にふわっとしてしまい、

(急ぎではないけれど)やりたいと思っていることに手がつかなくて、

たまっていくから。

うーん、わかってる。

まったく、興味があることをなぜ先送りするのか?

帰宅すると、ふわっとしてしまうこのクセを、この壁を、

なんとか乗り超えたい。

そこで。

秋に入った頃から、

断捨離と整理整頓、模様替えを始めている。

モノ好きな私、

その好きなモノをしまい込まずに、表に出して見える模様替えだ。

なかなかいい。

家にいる時間を心地いい場所(自分の部屋)で過ごし、

「急ぎではないけれどやりたいこと」に少しづつでも関わって楽しむ。

この「少しづつでも」が、大切。

もともと興味がありやりたいことなので、

スイッチを押されるのを待っていることばかり。

やっぱりスタートすると、楽しい。

さらに、他のことまで動きだす。

さらにふわっと脱却のため、

最近、食事後にウォーキングを始めた。

これも結構、すっきりして、活力みなぎり、楽しいのだ。

|

« お茶する秋時間 | トップページ | 物語を育む本たち »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事