« シニアヨガ指導者養成講座 2017秋 | トップページ | リスボン!アズレージョ体験! »

2017.08.13

Monsaraz!モンサラーシュ!           

1_2

3_2

7_2

4

Monsaraz!モンサラーシュ!     

7月1日から10日間、

3回目にして、久々のポルトガルの旅に行って参りました。

今年仲良くなった写真友達も旅好きで(ひとり旅も)、

彼女のおすすめのモンサラーシュが、この旅のメイン!

過去にポルトガルは、2週間、10日と旅して、

結構、あちこち行っていましたが、モンサラーシュは初めて。

思いを巡らせ、ワクワクしながらリスボンからバスに乗りました。

白壁の街を歩き、

写真を撮り、

お茶をして、

ポストカードを書き、

ちょっと本を読み、

ぼおおおおとする。

最高!

6

Img_2693

モンサラーシュは、

「沈黙の音」が聞こえる街と言われているそうで、

私もどんな音、どんなエネルギーなんだろうと楽しみにしていました。

実際は、

城壁に囲まれ、辺りを一望できる高台にある街のためか、

また、季節風か、とっても風が強く、

「沈黙の音」というより、

ごおおおおおおという「風の音」、

そして、周りに点在してる牧場からの音が、遠くにしました。

羊が首につけている鈴の音、

牧場犬がワンワンと吠える声、

そんな静かじゃないな、ははは。

ただ機械的な音ではなく、牧歌的でほっこりします。

何よりも、

広大な地平線にゆっくりと沈んでいく夕陽に、なんどもため息をつきました。

地平線か・・。

こんな広大な地平線、見たことあるかなあ。

こういう場所もあるんだ。

こういう時の流れ方もあるんだ。

私は今、そこにいるんだ。

非日常に身を置く旅は、

ささやかな時の移り変わりが、

日常を振り返り、改め、

また、日常に感謝することがたくさん詰まっていることに気づかせてくれます。

そんな時間に身を委ね、幸せを味わおう。

ポルトガルワイン、ヴェニーニョヴェルデを片手に、

夕暮れ前(21時過ぎが日没)から、すっかり日が暮れる22時を過ぎても、

宿のテラスから、変化していく一瞬一瞬を満喫していました。

街の教会の鐘が、7分遅れで時を知らせるのに気づきながら。

日中の気温は35度、乾燥した気候、まさに灼熱。

まるでその疲労を癒すように、夜の風は冷たく、街を冷やしていきました。

私も充電満タンの2泊3日。

また、訪れたい、必ずwink

|

« シニアヨガ指導者養成講座 2017秋 | トップページ | リスボン!アズレージョ体験! »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事