« 代行のお知らせ gllow | トップページ | ヴェーディックチャンティング »

2015.07.24

「平和ってなんですか」

Img_3171_2

『ダライ・ラマ14世』 

平和ってなんですか。

ある暑い夏の朝、

小さなレトロな横浜シネマリン で上映中の、『ダライ・ラマ14世』を観てきました。

ダライ・ラマ14世。

かざらない、そのままでいる様子は、広く知られている通りですが、

何度目の当たりにしても、

頬が緩み、心の奥がじんと温かくなっているのに気づきます。

さあーと水が流れていくように、身も心も清められていくようです。

どこまでも裏切らず、はてしなく受け止めてくれる、

まるで、ふるさとのように寛大で、深い慈しみを秘めたその表情とあり方。

心の底から、安心と幸せを感じます。

きっと、

おそらく、

だぶんもう、

2度と戻ることのできない地、チベット。

チベット仏教のスピリチュアルリーダーとしての立場で、

チベット人のために、何ができるのか考えあぐね、日々務める姿に、

国ってなんだろう、民族ってなんだろう、組織ってなんだろうと思います。

遠い場所で起こっている、全く関係のない事柄としてでなく、

私が、私たち日本人が属する、家族や職場、そして日本という国で、

決定的で残虐な搾取が起きたら、

一体、どうなるんだろう。

何ができるんだろう。

そもそも、何かしようと、私には思えるんだろうか。

想像もつかないほど、

基本的人権は守られている日本に、生を受けていることを改めて実感する。

それは、「平和」のひとつの側面なのかのしれない。

どんな状況下に置かれても、

「平和」はその人、ひとり一人の心の中にある。

外側のなんらかの人や組織から、

命を脅かされ、

特に、

「日本人であること」を否定されている状態においては、

「私が私であること」を否定されている状態においては、

平和なんてないんじゃないか・・。

そんな風に感じるんじゃないかと、容易に想像することができる。

それでも、

「平和」を創り出す力が自分にあることを信じたい。

それは、日々の生活においても、

毎日の仕事においても、きっと同じように。

あなたにとって、「平和ってなんですか」。

|

« 代行のお知らせ gllow | トップページ | ヴェーディックチャンティング »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事