« Atelier el ~独創的でもあり、永遠でもあり~ | トップページ | プラスアルファのセルフケア »

2015.02.14

村上さんのところ

Photo

コレ、なんだか知ってます?

作家の村上春樹さんが期間限定で開設しているサイト、「村上さんのところ」。

一般読者からの質問に答えてくれちゃいます。

メッセージを送ったら、こんなのが自動送信されてきました。

きゃー♡

これはシェアしなきゃ。

※残念ながら、質問受け付けは終了しています。

過去にも数回、村上朝日堂という名前で、同じ試みはあったのですが、

私はいつもタイミングを逃し、今回初めて送ることに。

お返事がサイト上で公開されるものもありますが、

例えお返事をいただけなくても、村上さんが目を通してくれるなんて、

ハルキストとしては、か・な・り、ときめきます。

期間限定公式サイトは、

その後、編集され、出版され、さらに翻訳もされ、世界中で親しまれています。

あの、村上さんの抜けた感満載が世界に・・・と少し心配になります。はは。

小説とのギャップ、

この魅力的な小説を書く作家はどんな人なのかと、

読者は気になってしまうんだろうと思います。

自分を「普通でつまらない人間」だと宣言していることに、

「うわあ、ホントだ」と親近感を抱きます。

普通の人、村上春樹が書く、人の心を虜にする世界観、小説に、

読者はさらに引き込まれていきます。

人の心の機微に敏感で無視せず、不得意なことは当然あっても、

なんというか、とても正直で、フェアな方だと感じます。

信頼できる大人だなと、いつも安心します。

彼のエッセイで長きに渡り一緒だった、安西水丸さんが昨年亡くなられ、

今回からサイト名も、村上さんのイラストも変わっています。

以前のイラストは、ダッフルコートを着て、無表情コミカルが印象的でした。

たまに眉をひそめるそのイラストに、その場の雰囲気を感じたりしました。

村上さんのエッセイと水丸さんのイラストは、

お互いを生かし合い、

プラスアルファ、読者の想像力をかきたてる力を持ち、

そこから、また新しいものとして生まれ変わっていたのです。

はあ、好き過ぎてとまらないので、そろそろやめておきましょう。

時は移り変わるもの。

こうして変化しつつ、人生は続いていく無常を感じます。

私は大切な人とのやりとりを、ちゃんと紡いでいるかなと今を思います。

紡いでいこうって思います。

ああ、村上さんからお返事をいただいたらどうしよう!

なんて、ときめきは続きます。

|

« Atelier el ~独創的でもあり、永遠でもあり~ | トップページ | プラスアルファのセルフケア »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事