« Yoga of lifeのHPが生まれ変わりました! | トップページ | Hakone trip w/Priti »

2013.10.09

母校での親子ヨガ

8

どこかというと、私の母校の小学校です。

さて、なぜ母校かというと…

7

近所に住む6期修了生の希さん(真ん中)が、

私の母校で親子ヨガを開催、

9月の終わりに、アシスタントに参加させてもらったのです!

左が同じく6期の美恵さん、右が私。

おそろいの6期のクリパルTシャツを着ての、記念の1枚。

子どもたちのいきいきした表情を見ると、

やっぱりヨガっていいな、無限の可能性があるなと感じます。

さらに今回は、毎日通う学校での開催なので、

はじめっから、子供たちは場に慣れてリラックス。

これはヨガの体験にも影響する、このエネルギーは大いに活かせそうです。

いえいえ、自然と活かされていました。

そして、私にとって新鮮だったのは、

修了生たちの活躍を目の当たりにできたこと!

嬉しくて大興奮でした。

「ああいいな、こういうの」

わくわくして、にんまりして写真を撮ったり、アシストに入ったりと、

あっという間に時間が過ぎていきました。

そして、終わってからの私たちのやりとりで、気づいたことがあります。

リードするティーチャーとアシスタントが信頼し合って進めていくことは、

私たちクリパルティーチャーの強みであること。

当然だと思っていたけれど、どうやらそうでもないらしい。

一人ひとりが自立して、互いに信頼しあうこと。

私たちが経験を重ねるごとに、身につけていく、

クリパルヨガの伝統の一部なんだなと感じました。

希さん、美恵さん、参加させてもらってありがとうございました。

そうだ、それともうひとつ。

普段は立ち入れない場所へも入れることで、いろんな記憶が蘇ってきました。

プールの横を通ると…

飛び込みが怖くて、夏はずっと不安だったこと。

ダルマ浮きが初めてできて、心底ホッとしたこと。

廊下の掲示板前では…

学校新聞前で、

「口裂け女」の記事に、みんなできゃーきゃー言って叫びながら騒いだこと。

「ポマード、ポマード、ポマード」って3回叫ぶといいんだっけ?

ホンキでびびって、怖がっていた、小さい私を思い出しました。

懐かしいなあ。

いろんなこと不安に思ってたな、私。かわいかったな、私。ははは。

ちなみに、先生によると、

毎年冬には「口裂け女」は定番、子供たちの話題にのぼるそうです。

そんなことも、ちょっと嬉しかったりしています。

子どもたちに触れ、小学生の時のさまざまな記憶が蘇り、

愛おしいひとときでした。

こうして、バトンをつないで、

今も、この土地で、未来を創る子どもたちが育っていきます。

少し、私も関わることができて、心がぽっと温かくなりました。

|

« Yoga of lifeのHPが生まれ変わりました! | トップページ | Hakone trip w/Priti »

yogaのこと、ワークショップのこと」カテゴリの記事