« 小布施マラソン バンドと仮装 | トップページ | 土曜日☆代行のお知らせ »

2013.07.20

そのセンス♡

90

小布施にあるジェラードやさん

「この辺の人なら、みんな知ってるよ~」と、

長野フレンド、とこちゃんが連れてってくれたとこ。

売れ切れ続出で、栗は終わっていた…。ざんねん。

じゃあと、おススメの小布施牛乳!それと、紫芋にしました。

おいしいとしか、いいようがない。

かなりのおいしさに、ボリュームに、大満足。

小布施マラソンを決意してから、ホント、直前に連絡したにも関わらず、

小布施はうちから近いんだよと、迎えにまできてくれた友だち、とこちゃん。

そのあと、素敵なおうちへおじゃましました。

子どもたちはそれぞれちょっぴり大人になって、そうか、久々だもんねと思う。

何があっても、センスみたいなものがしっくりくる友人はそういないもので、

彼女に出会えたことは、

私にとって、ギフトのひとつであることは間違いないと改めて思う。

物が大好きな私たちは、

素材や仕立て、作り手の心意気みたいなものを感じ、よおおおく観て、

自分にとって、いいなというものを選んでいく。

ずっとそうやって、自分の感覚を信頼して、子どもの時から生きてきた、そういってもいいんじゃないかと思う。

風に揺れる、青々とした稲をみて、

「えりちゃん、今が一番、美しい時だよ」

辺りに響くひぐらしの声、暑さが少し落ち着いてくるその時に、

「夏の夕方って、ホントに大好き」

自分が選んでいる生活を慈しむ姿に、とても共感し、信頼が湧く。深く満ち足りていく。

私が横浜を愛するように、彼女は長野を大切にしている。

まるで、自分の呼吸を楽しむかのように。

70_3

駅まで向かう車から、雄大な山に夕日が沈む頃

100

できたての杏と梅ジュース

なんと姪っ子のうちの分まで持たせてくれました。

自転車にたどりつく、20メートル前で、袋の底が抜け、セーフ!

姪っ子に、「ねえね(私)、会ってきちゃった♪」というと、

「いいなー」と姪っ子。

7月末に会う時まで、秘密のおみやげです。

会ってくれてありがとう。

ますますの豊かな日々を、心から祈ってます。

それぞれの、いい歳を重ねていこうよね。

|

« 小布施マラソン バンドと仮装 | トップページ | 土曜日☆代行のお知らせ »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事