« お父さん、ありがとう | トップページ | 初ひとり10キロラン! »

2013.01.20

子ども造形展

32013_2

「はじめて犬のさん歩に行ったよ」

うちの姪っ子かわいこちゃんの版画が、

地区の「小学校子ども造形展」 で選ばれました!

小学3年生の姪、昨年の夏はまた違う展示会で絵画が入選。

「あら、またもらっちゃった?きゃー、素敵☆やっぱりー☆」と

全快で喜ぶ大人を尻目に、感情をあまり表にださない姪。

かなりの恥ずかしがり屋で、おまけにクール。

「先生に聞いた時、どんな気持ちだった?」と聞くと、

「うーん、どんなって?」

「嬉しかった♪とかいろいろあるじゃん」

「…まあまあ、いい感じ」

だそうです。

ぷぷぷ。

姪の手の平からにょきひょきと出てるリードに、

「手に何かつかんで、それを見て書くとよかったんじゃない?」とママが言うと、

「それは知ってる。時間がなかった」

だそうです。

ぷぷぷ。

姪の絵は、いとこから犬を預かって、

パパと一緒に、初めて犬の散歩に行った時のワンシーン。

楽しかったんですって。

パパとサイズが同じくらいですが。ははは。

どこかに遊びに行ったことよりも、

こういう日々の小さなことに喜びを感じることができる姪に、じーんときます。

いくつになっても、大切なことを大切だと気づいていられるといいなあ。

2013

赤富士

妹の家から見える真っ赤な夕焼けと富士山が、

穏やかな一日をしめくくります。

■こぼれ話■

クールといっても姪は小学3年生。

妹(ママ)情報によると、

犬は「マルチーズ」らしいのですが、「チーズまる」と言ったり、

「おはじき」のことを、「えーと、こばやしだっけ?」と間違えたりするそうです。

あはは。

疲れた時に思い出し、ゆるんじゃおうと思います。

みなさんもぜひ☆

*ちなみに版画のチーズまるは、チワワみたいなカットをしているそうです。

ぷぷぷ。

|

« お父さん、ありがとう | トップページ | 初ひとり10キロラン! »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事