« Runnig ! | トップページ | 仕事とバランスを探りながらヨガを教えよう!! »

2012.10.20

Love and deep respect.

アメリカのクリパルセンターで行われたカンファレンスから、仲間たちが帰ってきた!

まっきー、ふみちゃん、はるちゃんに会う機会があり、大切なシェアを聴くと、

まるで私までそこにいたかのように、あったかい気持ちになる。

私は今、500hのトレーニングを受けに、クリパルセンターへ学びに行っているところ。

新しいこと、技術的なことはもちろん、

過去に体験したこともその時の自分で新たに体験しなおす。

そんなトレーニングにおいて、一番楽しみに興味深く思っているのが、

担当しているディレクター(ティーチャー)がどんなあり方であるか。

どんな風に生徒に視線や体を向けているか、どんな表情なのか、

声のトーン、リズムはどうか、呼吸はどうか、そのエネルギーはどんななのか、

生徒はそれをどう感じ、受け止めているか。

その場全体の空気は、どんななのか。

その意識的コミュニケーションをじっと見つめ、観察していると、

自分らしくあることがどんなにどっしりしていて、リラックスしていて、

目の前の人を安心させるかを学ぶ。

すばらしく誠実で、あたたかく、健全なんだ。

ため息がでそう。

それを感じる度に、自分が担当するクラスや、

特にワークショップや集中コースが楽しくなっていく。

自分らしくあること。

飾り立てることなく、目の前のかけがいない存在を尊重し寄り添うこと。

ああ、私にはそれができるはずだ。

そう確信し、嬉しくなり、自然と笑みがこぼれる。

懐広く、日本からの仲間たちを歓迎し、一緒に楽しみ、大切にやりとりをしてくれた、

私たちのhomeクリパルセンターに、ディレクターに、スタッフに、

そして参加したクリパルティーチャーひとりひとりに、

心からの感謝と敬意を示したいって思います。

私の200hのディレクターのひとりPritiが、

私に寄せてくれたメッセージの最後にあった言葉をそのままに。

Love and deep respect.

クリパルに関わるすべての人に。

あなたがいたから、私は今も歩き続けている。

これからも、ずっと。きっと。

2_2

|

« Runnig ! | トップページ | 仕事とバランスを探りながらヨガを教えよう!! »

yogaのこと、ワークショップのこと」カテゴリの記事