« ひなたぼっこのその時に | トップページ | 怖い夢から »

2012.02.17

鎌倉と 幸せを歩く

黒:えりこ 赤:まきこ

Photo2_3   2_2

「ふたりそろって何をしてるかって?」

23 Photo_2

「銭(ぜに)を洗ってます!」

「必要とするお金に恵まれますように。

必要より、ちょっと多めのお金に恵まれますように。うふふ」~えりこつぶやき~

ふたりでティームティーチングする予定のワークショップが、キャンセルになりました。

楽しみにしていた方々には、大変申し訳ありませんでした。

私たちもかなりわくわくして準備をして、当日を待ちわびていたのでとても残念です。

現実を真摯に受け止め、今後どうしていくかを考えていますので、

ご興味のある方は、ぜひ引き続きチェックしていただけたら幸いです。

お互い時間を空けておいたのだからと、

ワークショップの後はデートだねheart02と楽しみにしていたのだからと、

鎌倉に遊びに行くことにしました!やった!

まきこのリクエストで、まずは銭洗い弁天へ。

7_2 8

14_2 57

あちこちで水を奉っているのですが、

光もそうなのではないかと思うくらい、きらきらのエネルギーに抱かれる場でした。

晴れ女2人。春を感じる鎌倉です。

焚いたお線香の煙を体の良くなってほしいとこにかけるようなのってありますが、

まきこが「煩悩がなくなりますように」っていうのを聞いて、

「え?頭がよくなるようにとか、肝臓が健康でありますようにとかじゃないんだ!

じゃあ、ちゃんとほどほどの煩悩もありますようにだなshine(よしよし)」

「あー、楽しい。楽し過ぎるー。」

私たちは30代の大人になってから、

ヨガの仕事を通して出会った仕事仲間でもあります。

さらに私にとってまきこは、それだけでなく、スタジオの経営に関わる上司でもあるわけです。

でも何よりも、さ・い・こ・うの友人なのです。

今日みたいに、打合せ一切なく一緒に遊びに出かけたのは、もしかして初めて?

仕事スタートなのに、こんな発展があるなんて、人生はギフトにあふれている!

同世代で、ふたりとも長女、年子の妹あり。

長女は自分の気になることに忠実に追及し、わくわくしながら行動する。

それを近くで見ているすぐ下の妹は、様子を伺う。

「石橋を叩いて渡る」を通り越し、バンバン叩いて渡れなくしてしまう。

(もしかしたら、渡るつもりは最初からないのかもしれない)。

長女はというと…、

一見きちんとしっかりしてそうにみえるけど、実はぜんぜんそんなことはない。

ルールをそつなく守るのは、自由でいたいから!

ちゃんと家族にはバレていて、呆れられている。ははは。

姉をもつ友人たちから、「うちのお姉ちゃんってさ…」って話をよく聞くけれど、

それは長女だからしょうがないよ、かわいいもんだと思う。

私はそんな長女をたっくさん知っている。

まきこんとこも少し似てるところ、あるのかも?

日々感じていることやら、これからのこと、

ランチをいただきながら、話したのがこのお店。久々に堪能しました。

なると屋+典座

15 16

瑞々しい水菜がのったおうどんは、葛たっぷりであったまり、お腹も満足。

上には黒トリュフ。うそpig海苔です。

鎌倉野菜をふんだんに使ったお惣菜。

天ぷら大好き!このまいたけの天ぷら、青のりがきいてうまいー!

ちょっとほうれん草、お出汁が沁みて超ジューシーとか、ふたりそろってコメント多し。

しょうがない女子だから。

ねえ、あんまり時間ないよねと、話し過ぎたことに気づき、CLOUD BIDG.へ。

鎌倉に来ると、いつも立ち寄ります。

友人の仲良しが経営しているのもあり、顔見知りのみなさんに久々にご挨拶して回ります。

中でも、木木さんで扱ってる、作家さんの糸が大好きで参ってしまう。かわいい。

昨年、お金の使い方を見直してから、ちょっとしたものを買わなくなり、

そんな自分に驚きながらも、ちょっと感心し、さらに酔ってます。私、偉いなと。

20

でも、自分主催でのイベントなので使うため、この2つ購入、400円なり。

クラス前のスタジオでパチリ。

帰る前に、お茶。

お茶しなきゃ、女子はお茶を楽しまねば。

17

18

ソイラテとスコーン

ここの甘いものがまたおいしい。

昨年3月の鎌倉イベントで月のクッキーを作っていただいたcloud kitchenさん。

「山梨は雪が積もってきたよ」とトシさんから電話があり、

こっちはもう春だねって話してるのに、水仙だって太陽を見て咲いてるのに、ウソみたいです。

と思ったら、写メが送られてきた。ホントだ。

また来ようねhappy01と、固くふたり約束し、

私はシモキタのクラスへ、まきこは雪降る山梨に戻っていったのでした。

こうやって、やりとりを紡ぎ、豊かになっていく関係性を感じのが、最高に幸せ。

最高の幸せ。

|

« ひなたぼっこのその時に | トップページ | 怖い夢から »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事

コメント

めぐみさん、こんにちは。
そう?よかったですshine
まきこえりこは、最強コントコンビでもあります。
ふふふ。
スタジオ近くのチクテカフェは行ったことあります?マフィンが有名だけど、
スコーンもオススメです。
食べ物の話ばかりで…ははは。

投稿: くらもとえりこ | 2012.02.21 12:48

茨城のめぐみです。

こんにちはcat

いつもながら、ホンワリブログに心安らぎますぅconfident

まきこさんとえりこさん、ベストカップルsign02ですね。

最近、心寒〜くなっている私に、ちょっとだけ日差しを頂いた感じ。ありがとうございますhappy01

あ〜私もたぁぷりのホイップに美味し〜いスコーンが食べたくなりましたnotes

投稿: めぐみ | 2012.02.21 10:54

楽しかったー、参ったよー。
その後、調子はどお?わかるなあ。
日々の生活が自分にとって充実していたり、スペースがあるって感じていると、
非日常とのバランスがとりやすくなるよね。
高校の時の友達たちと、(近いのに)鎌倉に泊まって旅したのを、後で思い出した。
その時も、銭、洗いました!
来週会う予定なので、話してみよっと。
また、行こうよね。
まきこ、愛してるわ~shine

投稿: くらもとえりこ | 2012.02.20 16:56

キレイに1日のエッセンスが並んでる。。。あの1日が楽しすぎて、そのあと鬱っぽくなったよ(笑)
でも、思い出は魂の飴玉だね。
えりこ、大好き♡
またでかけよー!打ち合わせなしのオールプライベートで!

投稿: まきこ | 2012.02.19 18:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひなたぼっこのその時に | トップページ | 怖い夢から »