« 長野うち遊び♪ | トップページ | タニタの社員食堂から »

2012.01.31

そわそわ500hへの道

今年もクリパルセンターへ、500時間のトレーニングを計画中です。

毎度のことながら、この道のりは、

そわそわ、そわそわと、私の心を騒がせます。

あれやこれやと気になることがあり(まあ、英語と資金ですね)、

「行くの?ほんと?よっしゃ、行こう!」と心に決め、

センターへメールして申込が受理されからずっと、

いつも、体の、気持ちの何処かが、微緊張しています。

やれやれ。

そこまでして、なぜ行くのか?

そこには、私の喜びがあり、希望があると感じるから。

500時間だからといって、トレーニングでは新しいことばかりを学ぶわけではなく、

くり返し、くり返し、体験してきたワークも、再びというか、何度目でも体験します。

あのときの自分と、今の自分は、幾ばくかの変化や成長がある(と信じてる)となれば、

同じワークをしても、同じようには見えてこない。起きてこない。

時には、「は!また私、これ懲りずにやってる…」と呆れることもあるかもしれない。

それに気づき、見直すチャンスなのだ。

「ああ、それ、知ってる。だから、私はやらなくても大丈夫」。

そんなふうになってしまったら、私はクリパルヨガの指導は辞めようと思う。

私みたいな普通の人にできることは、意識をもって地道に「続けること」。

新しいことではなく、体験を深めていくこと。

ささやかにでも、「続けること」は私の目標であり、夢でもある。

そして、そのプロセスこそが、私の目標であり、夢である。

生きていくことが大変なこの世界で、

こうしたささやかな夢をもつことは、今を生きる原動力にもなる。

さらにすばらしいことは、

誰かの生活をも応援し、分かち合い、サポートし合えたらという、

他者へ向かう自分の中のスペースが、トクトクと泉のように沸いてくること。

センターでのトレーニングは、

今の私にとって、より深くそこへコミットするスイッチになっている。

ああ、この感じ。

すでにスイッチはオンになっている。

そわそわそわそわは、その証拠。

私は基本的に、楽観的なのかもしれない。

おかげさまで体もいたって健康である。

このふたつにも感謝して、心と体を整え、ちょっとハードな(はは)トレーニングに挑みたい。

有形無形でサポートしてくれるすべての人の力もお借りして。

ああ、もうひとつ、そわそわの基があるんだった!

荷物が重い…、飛行機や長距離バスに乗り遅れないだろうか。

そんな心配。

実際、今までそんなことはなかったのだけれど、

おっちょこちょいで、うっかりしたら…なんて思うと、そわそわする。

はあ~、でも起きてないこと心配してもしょうがないので、

センターのパンケーキを楽しみにして、準備しよう!

やっぱり、楽観的なのは間違いないかもcoldsweats01

Food2

カオガホコロブ

|

« 長野うち遊び♪ | トップページ | タニタの社員食堂から »

yogaのこと、ワークショップのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長野うち遊び♪ | トップページ | タニタの社員食堂から »