« 冬の始まりの月礼拝 | トップページ | フルタイムの仕事で気づくこと »

2011.11.27

おやきほり川/月あかり@長野

7_2

おやき ほり川

長野市に行ったら、ぜひ、立ち寄ってほしいお店が、ふたつあります。

ひとつめは、コチラ、おやきほり川。

8_2 9

何度かブログでも紹介した、

私の長野の心の友、とこちゃん姉妹の経営するおやきやさんです。

もともとは、おばあちゃんがやっていたおやきやさん。

写真のショーケースを見ると、7種類のおやきがあるようです。

ああ、この見るからにジューシーそうな、ニラのおやき!

もっちろんジューシー、味よし、見た目よし。

店内のあちこちにセンスのよさ、そのcreativeなシーンにときめきます。

ご両親のお話を聞いても、やっぱり、これは、とこちゃんちの血なんだなと思う。

イートインもできちゃう、カフェ併設。素敵すぎshine

入れ替わり立ち代りお客さんが行き来し、カフェも大人気。

10_2 11

秋パフェ               こんがりさつまアイス

ありえない安さ!ありえないおいしさ!

きゃー、カフェはおやきのみならず、幸せスウィーツが絶品。

ああ、こういうの、最高!

右のこんがりさつまアイス。

私、生まれ変わったら、こんな感じになりたいと思ってる!

上のお姉さんが、スウィーツのセンスがものすっごいいいですって。

なるほどconfident

12 13

前田一郎・長野市            G&M WORKS・信州新町

地元の作家さんの器も扱ってます。

うわあ、いいheart02

気づくと立ち止まり、何度も手にしてしまいました。

この子を連れて帰って、長く大切に使ってる自分をしばし妄想。ははは。

6_3 14_2

あんずや栗のおみやげは、なんと、とこちゃんのお母さんの手作り。

はっきりいって、どれもかなりのおいしさです。

旅で訪れた方は、帰りにもう一度お店に立ち寄り、

おやきなどなどおみやげにするのがオススメ。

きっと、悔いが残らないと思います。

これ、ホント。

そして、もうひとつ立ち寄ってほしいのが、

コチラ、月あかり。

4_2

月あかり

おやきほり川のとなり、実は、とこちゃんのだんなさんのお店なのです。ふふふ。

私が遊びに行った日はランチお休み、残念ながら主の姿なく、

開店前のお店の中を見せてもらいました。

5_2 

長野県の森林なんとか組合にまで赴き、机も床もすべてムク素材。贅沢。

納得のいくモノを選び、長く、丁寧に使っていきたい。

わかる、その気持ち。

1_2 

2_2 3

ランチやってマス

看板、メニュー、

ハタハタと裏表で楽しそうにはためくランチ旗、

すべて、とこちゃんの手作り。

フルタイムの仕事、3人の子育て、だんなさんのお店強力サポート、

そして、古民家大改築。

ちょっと想像つかない仕事量、あの体にどこにそんなエネルギーがあるんだ!?

いや、ありそうだ。

かっこいい人だ。

モチモチ、だんなさんのごはんは、相当の評判です。

月あかりで独立してからのごはんは未体験なので、次回こそ、必ず!必ず!

*注意 : 同名のお店が駅近くにできたらしいですが、まったく関係はないとのことです。

クリパルヨガの生徒さんには、長野関係者が多く、

「あれはどこですか?」と、たまに聞かれます。

月あかりのブログで、場所を確認して下さいね。

次回の帰郷の際には、

また、長野ファンのみなさんも、長野市にお越しの際は、ぜひ、お立ち寄り下さい。

もし近くに住んでたら…、頻繁によってしまいそう。

I miss Nagano soooooo much.heart02

|

« 冬の始まりの月礼拝 | トップページ | フルタイムの仕事で気づくこと »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事

コメント

ぜんぜん褒めすぎじゃない。言葉がつたなくてもどかしい。
うーん、冬パフェかあ。

とこちゃんのブログに毎回コメントをいれたい衝動を抑え、
わーわーいいながら読んでます。
やっぱりいいね、ブログは。
日々の生活を垣間見れて、つながってる感、味わってるよ。

今年15年ぶりに再会のひとときを過ごした穂高養生園も、
11月23日でお休みに入ったそうです。
また一緒にいけたらいいよね♪

投稿: くらもとえりこ | 2011.12.01 02:41

うぁ~、すごい!
ありがとう、お店のせてくれて。しかも、褒めすぎ(汗)。
お姉ちゃんたちも喜ぶと思う。
今度来たら、冬パフェだよ。ほろにがのココアのクッキーみたいの、のってるの。
これも、またGood!!!

投稿: toko | 2011.11.30 14:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬の始まりの月礼拝 | トップページ | フルタイムの仕事で気づくこと »