« 土曜日の代行のお知らせ♪ | トップページ | Peace Piece ヨガの会 »

2011.10.10

おとなこどもみたい!

Photo

姪っ子と秋休み

「ねえね(私)って、おとなこどもみたい!」と、突然、姪っ子。

「え?なんでそう思うの?」

「お買い物したものを、嬉しそうに何度も見たり、

一緒に歌ったり、走り回ったりするし、ナイス!っていったりするしさ」

「ああ、そういうことか。マルモみたい?」

「うんwink

■注意:マルモというのは、テレビ番組の「マルモのおきて」。

ノリが子どもと同じとこがあるってことのようです。

私としては、静かに、お茶でもしながら本でも読んでいたいのですが、

子どもを前にすると、いつも、私のプラーナが動き出すのを感じてます。

子どもの頃のわくわくしたこと、楽しかったことや、悲しかったこと、寂しかったこと、

私の内なるプラーナは割りと記憶していて、

それが大切な、今の私の土台にもなっています。

子どもと同じ時間を共有するなら、

一緒にその瞬間瞬間を分かち合えたらと、プラーナは動き出します。

また時には、きっと小さな胸を痛めているんだろうな感じると、

そっとできることはないかと気づくと、行動しています。

ここは大人視線ですよね。

子どもの、今ここにいるというあり方に、まっすぐな眼差しに、魅了されます。

とても力強く、リアルです。

「おとなこども」

「こどもおとな」でなくて、ちょっとほっとしました。はは。

ちなみに、「お買い物したものを、嬉しそうに何度も見たり」と、

姪っ子に言われたのは、コレ!

Pg

パティー&ジミー

懐かしい!

大好きだったパティー&ジミー。

自転車も黄色いパティー&ジミーだった。

こうやって、子どもと一緒に、

懐かしの(特に復刻版!)サンリオグッズを買うお母さんたちは多いんだろうなあ。

姪っ子、サンキュウーshine

|

« 土曜日の代行のお知らせ♪ | トップページ | Peace Piece ヨガの会 »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 土曜日の代行のお知らせ♪ | トップページ | Peace Piece ヨガの会 »