« お米をすくって? | トップページ | Sep&Oct @ Yoga of life »

2011.10.30

peace piece yoga ②

第2回目の母の友人たちに向けての、ピースヨガ。

場所は地元の地区センター、32畳の和室。

Pp_yoga

Pp_yoga2

こんな安定感のある、椅子だってある!

膝を痛めていなくても、股関節に意識を向けるためにも大活躍しちゃいます。

参加者は40代から母の世代までと幅広い。

ヨガスタジオじゃないから、クリパルヨガって感じじゃなくてもいいかなと思っていたのですが、

実際、やってみると、参加者のエネルギーがクリパルヨガになっていくのに気づく。

いつの間にか、ホールドをしてステージ2へ、声をはってる自分に気づく。

あれ、ちゃんとクリパルだ。

悪くなさそうだ。

ちょっとスタジオと違うのは、

ポーズの中にいながら、「熱くなってきたわ…」とか、声があがること。

ははは、まあ、うちの母ですが…。

リラクゼーションでは、

「頬を緩め…」の声がけに、表情が和らぎ、さらに微笑んでいる方までいる。

いびきも聞こえてきて、疲れている方もいることを知らされる。

いろいろです。

最後に15分ほどシェアリングを設けているのですが、

時間が足りなくなるくらい、盛り上がる!

「力が入っていて、生活でもいつも…」なんて、off the matの話が聞かれる。

「最後に涙がでるのはなぜかしら?」

75分のクラスで、さまざまな体験が、変化が、ひとりひととりをノックする。

それを言葉で表現する力がすばらしいのです。

とても豊かなのです。

感じたことを飾らずに、正直に伝えようとするピュアなエネルギーのせいなのか。

かなりのニコニコ顔でシェアしていただき、私も大興奮。

私はただ、人生の大先輩たちの懐に抱かれ、

目の前で起きていることに気づき、対応し、寄り添っていくのみ。

不器用ながらも、たった数年でも、頑張ってクリパルを続けてきたからこそ、

こうしている自分がいるんだと、ちょっと嬉しい。

私は、どんな風に年を重ねていくんだろう。

クラスの後、自転車に乗りながら、ふと頭をよぎる。

こういうのって、悪くないです。

いい気の交流が起きています。

お母さん、ありがとね。

お母さんとは、昔から馬の合う方ではなかったけど、まさかこんな日が訪れるとは。

人生は未知なのだ。

23

地区センターを出ると、

は!

また写真とるのを忘れたことを思い出す。

次回こそ、必ず、みなさんの笑顔をおさめるぞ!

ころころと豊かに変化する、あの表情が脳裏に焼きついています。

|

« お米をすくって? | トップページ | Sep&Oct @ Yoga of life »

yogaのこと、ワークショップのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お米をすくって? | トップページ | Sep&Oct @ Yoga of life »