« 素直に表現する力 | トップページ | 今こそ学びの時 »

2011.04.16

500H@米国クリパルセンター

1_2

200H、500Hのノート

3年ぶりに、アメリカのクリパルセンターに行きます。

500時間のトレーニング、10日前くらいに決めました。

200時間ののちに受ける500Hは、マイナス200時間して、実質残りあと300時間。

それを4つのモジュールで分けプログラムされています。

私は今回、2つめです。

今年のどこかでクリパルセンターに行きたいと、プランに入れていましたが、

仕事や震災などが関係し、他の予定も前後することもあり、

ああ、もしかして今なのか?

でも、実は、今まで感じたことのない緊張や不安が、私の体を支配していました。

いえ、今もそのエネルギーはその質を変化させながら、私の中にあります。

何がそうさせるのか?

書き出して、明確にしてみるか。

シンプルに、わからなくて不安になることだってありますから!

そんなのにエネルギーを使うのはもったいないのだ。

■こんな不景気な時に、かなりのまとまったお金を消費するのか

■4月末で仕事が終了するとはいえ、すぐに次を探したほうがいいんじゃないか

■英語でプラクティスティーチは、相変わらず苦手でしょ?

■なんだか飛行機が怖い

■この時期に?

そうなんだ。

私、そんな風に感じてたんだ。

気を紛らわしてごまかしてしまわないように、

何日もかかけて、その思いとコミットしてみました。

そのうち、日々の生活を通して、少しづつ見方が変わっていきました。

その時々の物事と向かい合うのは、

コミットするエネルギーだけでなく、

自分がリラックスしていたり、

その事柄と、そして自分との間にスペースを必要とします。

あ、これは大丈夫だ。

センター3回めにして、今さらこれはないな・・・言い訳か・・。はは。

え?飛行機は嫌いじゃないよね?

大丈夫。

行こう。

そして、何日か前に、

大きな核となっていた部分、

何がそんなに自分を緊張させたり、不安にさせたりするのかが、

やっとわかりました。

やっと腑に落ちました。

それは何かというと、私は家族と離れることに不安を感じ、

今まで感じたことのない種類の緊張を感じていたということ。

こんな時期に、家族と離れて、

もし何かあったら、家族を守ることができない(守ってももらっています)。

この思いが、私の中で広がり、私が私を不安にさせていたようです。

不安な自分を見るのも、また不安です。

明日がわからないのは、今も昔も変わらない。

地球が動き出した時から、人類が始まった時からずっとそうだった。

コントロールできて当然と、どこかで感じているんだ。

なんて、おこがましいんだ。

確か、私たちは、生かされているんだったよね?

今、プロセスワークの国際大会で渡米中のクリパルヨガティーチャーの憲さんとも、

少しメールでやりとりもしました。

私たちのこの小さい愛すべき日本を出て、

他の国の仲間たちと話をすると、いろんなことが見えてきます。

先ほどいったスペースも広がります。

アメリカにいるYTTの仲間たちも、私と私の国に励ましと愛を贈ってくれます。

ピースフルで現実的な議論も、メーリングリストでやり取りされています。

この国をシェアし、そこで育まれた私たちが、

実際足を運び、自分の意志や思いを他の国の人に伝え、

また、彼らから受け取ることは、すごくいい。

私も憲さんもそのつもりで、渡米します。(憲さんは今、真っ只中です)

そして、今回は、先日紹介したAtelier elさんのおふたりの姿勢に、

背中を押された感もあります。

とても真摯でまっすぐで、はてしなく謙虚です。

リラックスして、今ここにしっかりとされていて、底力を感じました。

すばらしいご縁に感謝しています。

彼らとのやりとりの後、よし、行こう!と心が決まりました。

私は、自分の本質を育み続けるためにも、

クリパルセンターでトレーニングを受けに行きます。

それと、もうひとつ、今回の大きな意図があります。

震災後、

自分の町を離れ避難してきている、この国をシェアする仲間に向けて、

ヨガで体を労わってもらえればと、3月にボランティア登録をしています。

「キッズからシニアまでやりますので、ぜひお声がけください」とお伝えしていますが、

実際には、まだその機会は持てていません。

これから長く続く、ふるさとから離れての生活をする魂に寄り添うには、

私自身がリラックスし、どっしりとしていることが不可欠です。

きっと、センターでのトレーニングでの体験は、

私をしっかりとサポートすることになると信じています。

非常に過酷な心理状態にあると想像します。

私のようなものが申し上げるのはとても恐縮ですが、

しんどくても、何があっても、

今、呼吸をしている自分に気づき、

自分を大切に感じる一助になれればと願っています。

今、ここに、心をおいて。

あなたがあなたでありますように。

すべての人にむけての、

人生を生き抜くメッセージだと感じています。

今だからこその、今回のトレーニングです。

しっかりと、体験してきます。

最後に、

急な代行のお願いを、YOLLotus8さんとも快く了承いただきましたこと、

また、代行を受けてくれたティーチャーにも心から感謝しています。

サポートしてくださってありがとうございます。

代行のお知らせはまた後日させていただきます。

どうぞよろしくお願いします。

|

« 素直に表現する力 | トップページ | 今こそ学びの時 »

yogaのこと、ワークショップのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 素直に表現する力 | トップページ | 今こそ学びの時 »