« 東北へ届け | トップページ | 地球に向けて »

2011.03.17

希望のシンボル

先週末、姪っ子に電話して、「今、何してたの?」と聞くと、

「もしもの時のためのリュックをじゅんびしてた」とのこと。

「そう。じゃあ、お絵かきノートもった?」と聞くと、

「え、なんで?!」とびっくりの姪。

「お絵かきしている時、とっても幸せなんでしょ?」

「うん。幸せheart01

「だからよ。

あんまり大きくないノートにして、色鉛筆もいっぱいじゃなくて何本か。

それがあることで、あなたがとても幸せを感じるなら、持っていきなさい。

それは希望だから。

ママにお話してごらん。きっと、いいよって言ってくれるから」。

5_2

左:うさぎが手に持つのは、うさぎの耳型の帽子

実際には、ノートやペンはいらないかもしれない。

地面に、何かを使って書くことだってできるから。

ただ、どんな時でも、

自分の中に希望があるんだということを、知っておいてほしい。

そのエネルギーは、広がるんだということに気づいていてほしい。

ノートとペンが、彼女の希望のシンボルでありますように。

|

« 東北へ届け | トップページ | 地球に向けて »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東北へ届け | トップページ | 地球に向けて »