« 明日のロータス8は休講 | トップページ | アメリカ、カナダのクリパル仲間たちから »

2011.03.13

どうか、希望を胸に。

この度の東北関東大震災において、

被害に遭われ、今もなお、不安な時を過ごしている被災地のみなさまに、

心よりお見舞い申し上げます。

ひとりでも多くのかけがいのない命を、

一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

***********************************************

みなさん、こんにちは。

刻々と変化する真実をテレビを通して、みつめています。

私も、茨城に住む知り合いのライフラインがままならないことを知り心配です。

自分が今、こうしてひとまず安全でいることを受け止めるにも、

強さが必要だと感じています。

同時に、希望を持つ大切さを、電話やメールの姪っ子から感じました。

こんな時でも、明るくどっしりと、希望に満ちているのです。

先程、同じように感じることがありました。

津波にのまれた地域で、流されず助かった一軒家の二階から、

発見された方がテレビに映し出されました。

自ら歩く70代くらいの男性は、外にでて目の前に人がいることを知ると、

みるみる嬉しそうな満面の笑みを浮かべていきました。

もしかしたら、その場とはちぐはぐな印象を受けるくらいの、満面の笑みでした。

「大丈夫。大丈夫。頑張って復旧していきましょう」

恐ろしく荒れ果てた、津波の傷跡の真っ只中において。

私たちは、こういう人生の先輩のバトンを受け継いでいくんだ。

希望を感ぜずにはいられませんでした。

辛くしんどく、苦しさや悲しみがあるのも間違いのない真実であるけれど、

明るく、希望が今ここにあるのも、忘れてはならない真実であり現実。

広い視野で変化する真実に気づき、現実的に動きたいと思います。

希望を胸に。

その先に待つ、平穏を信じて。

Photo

「変転する人生の荒波のただ中で、開いた心とユーモアとともに生きる優雅さを

私たちの人生を照らし出し、真実に導いてくれる自覚的なあり方を

生きとし生けるものの苦痛を抱きとめるだけの慈悲を

見出だすことができますように。」

『やさしいヴィパッサナー瞑想入門』より

☆世界からの祈り☆

http://matome.naver.jp/m/odai/2129985372846288901

|

« 明日のロータス8は休講 | トップページ | アメリカ、カナダのクリパル仲間たちから »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事

コメント

ああ、鈴木さん、よかった!
心配してました。
まだ連絡のとれない大切な方々がいるとのこと、心配です。
まずは、寒さに耐えるご両親の心の支えでいて下さい。

アメリカにいるヨガの仲間たちからも、たくさんのメールが届きます。
「日本人のために祈っている。寄りそっていることを知っていて。」
誠実で強く温かい絆を感じています。

ひとりじゃないことを忘れないで下さい。
ひとりひとりの中にある、希望の光に気づいていて下さい。
どんな時でも、人ってすごい力をもっています。
この先何があろうと、日本は私たちの母なる大地です。
希望を胸に。
私も、一歩一歩歩いていきます。
大丈夫。一緒に頑張ろう。

投稿: くらもとえりこ | 2011.03.15 09:57

くらもとちゃん、暖かい言葉、ありがとう。
私の実家が岩手で、親戚も半分いるし、学生時代の友人達も
東北6県に多いので、今回の地震は連絡を取るのに1日中電話と
携帯を握っていました。
幸い、家族と親戚、内陸に住む友人は無事でした。
でも、沿岸に住む友人は全くわからない。
安全で暖かい部屋で心配している私より、現地で寒さに震え、
水の配給のたびにもらいにいく高齢の親、情報が少ない状態、
どれだけ不安かわかりません。
でも、人間の本来の強さと、日本人特有の暖かさ、
東北人の忍耐強さを信じて、今は言葉で応援するしかないですね。
くらもとちゃんが引用している句、使わせてもらいますね。

投稿: suzuki | 2011.03.14 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日のロータス8は休講 | トップページ | アメリカ、カナダのクリパル仲間たちから »