« 地球に向けて | トップページ | 牡牛座はライトワーカーに »

2011.03.20

私たちのために

被災地から離れ、

比較にならないほど、ある意味安全な私たちにも、

悲しみや苦しみ、そして緊張は、私たちの体と心に押し寄せ、支配しようとします。

まず、必要程度の現実的危機感と、それを受け止める冷静さを持ち、

希望とともにあること。

自分とつながっていようという気持ちに、意識を持ち続けたいと思います。

今日は落ち着くのにも効果のある呼吸、ナディショーダナを紹介します。

例え具合が悪く、お布団で寝ていたとしてもできるのが呼吸です。

禁忌がありません。

胸や肺にも、たくさん、呼吸が入っていきます。

**************************************************************************************

まずは・・・

安定して座ります。

あぐらでも、正座でも、イスでも、仰向けでもOK。

はああああと口から息を出す呼吸(HA呼吸)

クリパルヨガおなじみの、鼻から息を吸って、

はああああああああと、シンプルに口から吐きだす呼吸。

吐く呼吸で、体やあごの力み、こわばりを手放すように、

必要なだけ繰り返します。

また、必要な時は、背骨や肩、首筋など、軽く動かすようにする。

(さらに力を抜くサポートにもなります。)

お風呂に入って、はあああああと力を抜く要領で。

「ああ、何か体に溜まってる!」と感じたら、

「はっ!!」と数回、力強く吐いてみる。

ナディショーダナ

3

右手の人差し指と中指を手のひらにつける。

使う指は親指と薬指。

背筋を伸ばして呼吸が入るスペースを作り、リラックスして座ります。

(座り方は上と同様。今の自分に合ったものを選ぶ)

余分にある、肩の力も腕の付け根の力も抜いて。

① 親指で右の小鼻をやさしく抑え、左の鼻から息を吐く

② 吐ききったら、そのまま左鼻から息を吸って、

③ 薬指で左の小鼻を押さえ、右鼻から吐き出す

④ 右鼻から吸って、親指で右の小鼻を押さえ、左から吐ききる

これを数分、繰り返す。

最後は、左鼻で吐ききり、終える。

両手を膝の上で休ませ、軽く目を閉じて、自然に体が必要とする呼吸をする。

しばらくそのまま、瞑想するようにしていてもいい。

ヨガをする前や後にするのももちろん、眠る前にしてもいいと思います。

小鼻を押さえる時は、優しく、軽く触れる程度でOK。

*************************************************************************************

また、クリパルヨガのDVDをお持ちの方は、

普通のクラスが展開されているような内容なので、活用して下さい。

アマゾンでも購入可能。

トシさんの安定した癒しボイスが、とてもいいです。

6

私たちの体が、心が健やかであることはとても大切だと痛感しています。

私は無性に歌いたくなり、歌ったりもしています。

すっきりします。嘘みたいにグランディングします。

知らずと、肩が張り、体のこわばっていることも多い。

気づいたら、呼吸やヨガで身体に意識を向け、自分で自分をサポートします。

どうか、溜めこんでしまわないように。

あなたをあなたが守れますように。

呼吸とともにありますように。

|

« 地球に向けて | トップページ | 牡牛座はライトワーカーに »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地球に向けて | トップページ | 牡牛座はライトワーカーに »