« 年末年始の代行お知らせ | トップページ | ドガ展 2011 »

2010.12.26

玄牝 げんぴん

0049_003

『玄牝』

自然分娩で有名な吉村先生を取巻くお産の場が、この映画の舞台。

出産に向かう女性たちのリアルな思いや感情が、

ドキュメンタリーで描かれています。

1人目の出産で涙が溢れるほどつらい体験をし、

子どもをかわいいと思えず苦しい思いをした女性、

子どもの頃から「出産は怖い」と感じていたとこからの感情の変化を

嬉しそうに語る女性、

それらの感情に静かに寄り添い、分かち合うパートナー、

中にはパートナーが行方不明になった女性もいらっしゃいました。

また、印象的なこんなシーン。

有意義な仕事をしている仕事人が、同じように豊かな家庭人とは限らないこと。

過去の体験が今のなお心の中で生き続け、

苦しみながらもそこに留まり、その気持ちを本人に伝える人、

それに気づかされ、受け入れられず抵抗しながらも、

一生懸命に生き続けるしかない人。

ドキュメンタリーなので、本当にリアルです。

観た後、ほっとしたり、同時にすっきりしなかったり・・・。

「いいわるい」

これで済まされない感情が湧きあがってくることこそが、リアル。

それでも、

「私、出産する」。

そう思わせる映画でした。

ご覧になった方はピンとくると思いますが、

クリパルヨガの女神のポーズは、出産準備に本気でよさそうですね。

ふふふ。

渋谷ユーロスペースで、1月7日(金)までshine

|

« 年末年始の代行お知らせ | トップページ | ドガ展 2011 »

心の旅路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年末年始の代行お知らせ | トップページ | ドガ展 2011 »