« キッズヨガトレーニング ~尊敬する子供達と共に~ | トップページ | キッズヨガトレーニング これよ② »

2010.11.26

キッズヨガトレーニング これよ①

5

YOGA ed.キッズヨガトレーニング

こういうの、クリパルっぽいですよね。

・・・ということで、違和感ゼロでスタート!

まずはじめに、マニュアルを読んでいて、早速、感動した部分をご紹介します。

Photo

「ヨガの先生としての私たちの仕事は、

ヨガをするうえでの自分自身のあり方や行為が、

人生におけるそれと同じであることを生徒に示すことです。

私たちは、生徒が自分たちの行動の中に思考を見出し、

実際に何をするのか自分で選択し、

その結果、起こることを映し出す鏡としてヨガのクラスを提供するのです。

見た目で判断することなく、生徒が観察し、発見し、選択するように導き、

人生の中で何を生み出したいのか見極める手助けをします」。

                          ~YOGA ed.マニュアルより抜粋~

クリパルヨガに通じるものがあります。

子どもたちがヨガを通して自分の体を意識的に体験し、

そこで感じることや気づくことに出会う。

そこからさらに自分に留まり、自分をよおく観察し、

本当はどうしたいのかを、何をしたいのかに気づいていく。

ティーチャーはジャッジせず、シンプルにそれを尊重し、子どもの自立を促す。

(生きるという)体験が少ない子どもに、

ああだ、こうだと答えを簡単に与えてしまうのではなく、

しっかり舵取りをしつつも、子どもが自分で体験して見つけ出すサポートをする。

主役は一人ひとりの子どもたち。

~「何かをしてあげる」なんて、おこがましいのだ。

少なくとも私は、そのタイプのエネルギーは信用しない~

「ヨガをするうえでの自分自身のあり方や行為が、

人生におけるそれと同じであることを生徒に示す」

厳しい言葉ですが、とてもしっくりと響きます。

人を相手にする仕事の力強いベースとなるもの。

何度も転びながらも、戻っていく中心だと感じています。

とはいってもこの部分は宿題で、「読んできて」というところなので、

さらっと読んで終わってしまう可能性もあります。

ポーズやゲームは、やれば比較的早めに身についても、

自分のあり方やくせはそうはいかない。

まず、この文章が自分のアンテナにひっかかったことに感謝です。

|

« キッズヨガトレーニング ~尊敬する子供達と共に~ | トップページ | キッズヨガトレーニング これよ② »

キッズヨガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キッズヨガトレーニング ~尊敬する子供達と共に~ | トップページ | キッズヨガトレーニング これよ② »