« 秋休みに | トップページ | 秋朝 ビーチヨガ »

2010.10.14

Amazing grace ~YTTを終えて~

Photo_2 

Amazing grace

ふと口ずさんでいる自分に気づきます。

最後のPartyに、4期生が歌ってくれた歌。

みんなで歌った、Amazing grace。

2_2

そして、私が信じていたことが、本当に起こりました。

8月16日のブログの最後で書いたこと。

「4回めのクリパルヨガ教師トレーニングがスタートしました。

ここでの出会う仲間が、きっと自分の財産になる。

誰に奪われることのない、かけがいのない宝物になる。

私は、ばかみたいに、心から、そう信じているのです。」

これは、私が体験したYTTからの気持ちでした。

今もなお、何かあると仲間を思い出し、

彼らから今感じていること、また活躍している様子をメールで知ると、

とても、とても、励まされ、ぽっとハートがあったかくなるのです。

そして、

私、ものすごく愛されていた。そして今も愛されていると。

すべてはそこから始まったんだと。

そうして臨んだ4回目のYTTのアシスタント。

ごまかさず、あきらめず、

ひとりひとりが自分で責任を引き受ける勇気ある姿勢に、

心の底からの、他者への、自分への向けるあふれる愛を目の当たりにし、

私は完全にノックアウトされた。

本当にいろいろあったし、今もなお続く、それぞれのedgeはあるけれど、

同時に、いえ、だからこそ、

例えようがないほど美しく、エネルギーに満ち、グランディングしていた。

すごい!みんな!

ねえ、気づいてる?

私は参ってしまった。

惚れてしまった。

これが、人の力のすばらしさ。

これが、クリパル。

私にとって、

毎回、超edgeのプラクティスティーチのファシリテーターもありました。

今回初めて、前日に楽しみだと感じていました。(ウソみたいcoldsweats01

目の前の神聖なひとりに、

私ひとりじゃなく、同じチームのみんなと一緒に寄り添おうと決めた。

引き出すことに集中し過ぎずに、話しを聞かせてもらおうと決めて臨んだ。

そしたら、いまだかつてないくらい、

必死ながらも、私自身がリラックスして安らかだった。

何かの反応で、

「あ、私、今、こわばってる」と感じると、

「大丈夫、呼吸して。

目の前の人の力を信じて。愛をもって。そこに寄り添って、えりこ」と

自分を励ました。

愛をもっていることができた。

ほんとに嬉しかった。

もっと、もっと、できたことはあったかもしれない。

至らない点も多く、言い出せばきりがないけれど、

でもあれが、あの時の私のベストだった。

いつの間にか、

ゆとりを、他者と一緒にcreateするスペースを自分の中に発見した。

このことは、私を心底安心させた。

「きっとできる」と思うのとともに、正直、驚いてもいた。

みんなからのギフトのひとつ。

今回、改めて、

安全であることがどんなに大切かを、みんなをみて感じていた。

プラクティスティーチの時もそうだった。

ファシリテーターだけでなく、

ひとりひとりのあり方がその場を安全にcreateしていた。

だからこそのYTTとなった。

そして自分のクラスを思い出した。

いつも安全なのは、参加してくれるみんなのおかげなんだ・・。

クラスで顔を合わす生徒さんの顔が思い出された。

感謝の気持ちで押しつぶされそうになった。

ほんとに、ほんとに、ありがとう。

それともうひとつ、個人的に大きなことがありました。

私はアシスタントとして参加することで、自分が癒えていくのを感じていました。

クリパルティーチャーとしてあることで、

心と体の奥の方で、知らずと傷ついていたんだ。

そういえば、生徒さんの気持ちを受けてしまい、胃潰瘍になったこともあったっけ。

注意:これは勝手に受けてしまった私の問題。

その真実を探求するまなざしに、誠実さに、

一緒にその場を共有することが、ただただ私を癒していった。

体の隅々まで、かなりリッチな体液がしみこんでいくように、

私の中に、安らぎとみなぎる力を感じていました。

愛に満たされていった。

「YTTに参加するひとりひとりが、

自分との関係性を深め、育んでいくのを、愛をもって、辛抱強く寄り添っていきたい。

また、私が私自身を繊細に観察し、自身との関係性をさらに深め、築いていきたい」。

私の今回のYTTのアシスタントとしての、intention(意図)でした。

みんなのおかげで、なんとかベストを尽くせました。

そして自分との関係性を深め、見直すきっかけにもなりました。

個性と一体感。

木々の葉ひとつひとつの輝きは、木というひとつの姿をつくり、

森という全体性を生み出し、この世界そのもの、その存在となる。

つながっているんだ。

4期生は全身全霊で表現していました。

このエネルギーが、それぞれの生活の場で活躍していく、

そう思うと、ただただ、嬉しくて、嬉しくてたまらないのです。

一緒にいさせてもらえたことに心から感謝しています。

私のことまでサポートしてもらった、そんな気持ちでいます。

いつもの生活が戻ってきました。

これからが楽しみ。

今、そう感じています。

まずは、いつもの大切なクラス。

〝鎌倉 森とヨガのレトリート〟を来週に控え、来月はLotus8で月礼拝のWSもある。

ひとつ、ひとつ、丁寧にやっていこう。

ここでの体験を活かしていこう。

みんなと一緒に歩いていこう。

私たちがありのままでありますように。

creativeでありますように。

自由でありますように。

Photo_3

雲ひとつない青空とみんなの笑顔が、まぶしく心に響いています。

4期生のみなさん、おめでとうございます!

本当にありがとう。

これからも末永く、どうぞよろしくお願いします。

|

« 秋休みに | トップページ | 秋朝 ビーチヨガ »

yogaのこと、ワークショップのこと」カテゴリの記事

コメント

くうちゃん!
ブログ見つけてくれてありがとう。
コメントもらうのって、とっても嬉しいです。

かけがいのない時間をシェアできたこと、私も感謝です。
ホントに、土台はクリパルの大切にしているひとつですよね。

そういえば、ごうちゃんがこんなこと話してくれました。
他のスタジオのクリパルクラスに参加された地方からいらした生徒さんが、
〝ああ、思い出しました!クリパルって土台、土台って大切にしてるんですよね〟と
クラス後、話して下さったそうです。
何年か前にYoga of lifeの私のクラスに参加され、やはりそう感じ、
ごうちゃんのクラスで思い出されたそうです。
他のヨガに比べても、印象に残るところなんだと思います。

くうちゃんが話してくれたように、「聞こえてなかった」そんな時もあると思います。
先走らず、集中して今ここにいると、今まで気づかなかったことが聞こえてきます。
見えてきます。
私もそうやって、意識を向ける日々です。
一緒に歩んでいけること、ホントに力強いです。

こちらこそ、末長くよろしくお願いします。
いつでも渋谷のホームに帰って来てくださいね。
タイムングが合えば、レトリートにも。
お待ちしてます。


投稿: くらもとえりこ | 2010.10.19 12:55

沢山沢山有り難うございました。
土台作りのマンツーマントレーニングとても、心身に来ました!
自分に言い聞かせながらこれからも頑張ります。今からがスタートなので末永く宜しくお願いしますm(_ _)m。

いいないいな鎌倉のレトリート。
しかし、今回のYTTで財布も預金も底をつき今は身動きが取れないので、また一生懸命お金貯めたら、どうか参加させてください。
宜しくお願いします!

また東京に参ります!
またすぐに!!
jai

投稿: くぅ~ | 2010.10.19 01:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋休みに | トップページ | 秋朝 ビーチヨガ »