« 代行のお知らせ(10月) | トップページ | 愛しの穂高 »

2010.09.14

プラクティスティーチ、そして秋

YTTのプラクティスティーチの朝、渋谷、8時、集合。

待ち合わせ場所へ向かう坂道でふと見上げると、

きらっきらっの緑。

その向こうに広がる青い空。

夏。

Pt

9月7日。

そろそろ残暑でお願いします・・・と思う気持と裏腹に、

100%、夏でした。

そのエネルギーのもと、

ひとりひとりが、

どんな形であれ、

自分自身と深いところでコンタクトをとりますように。

かけがいのない体験になりますようにと、

心から祈り、坂を登っていきました。

私にとっても、長い長いエッジの1日が始まる。

こうして一週間が経ち、

今、ひとりひとりはどこにいるんだろうと思う。

今、この時も、

クリパルティーチャーに向かう道を意識的に歩いていてほしいと願う。

しっかりと、スペースをもって、

自分と寄り添っていてほしいと願う。

ここは踏ん張りどころ。

私の人生ではないけれど、

私が、ひとりひとりからいただいた力と、その体験に感謝をしつつ、

ただ、ただ、切に願う。

あなたらしい、クリパルティーチャーになってほしいと。

残暑さえもやってこないかと思う程の猛暑が続いていた、今年の夏。

やっぱり、ちゃんと、秋らしくなってきた。

朝晩は涼しくなり、

より一層、虫たちが深く、静かに鳴いている。

自然ってすごいなあ。

地球ってすごいなあ。

いつ、そろそろ秋だって気づいたんだろう?

やっぱり、ちゃんと、秋らしくなってきた。

駅に向かう自転車のペダルをこぎながら、

秋風に吹かれ、そんなことを感じていました。

変化していくなあ。

ずっと変わらないことなんて、何もない。

だから今を、体験するんだ。

ずっと変わらないことなんて、何もない。

だから今を、体験するんだ。

|

« 代行のお知らせ(10月) | トップページ | 愛しの穂高 »

yogaのこと、ワークショップのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 代行のお知らせ(10月) | トップページ | 愛しの穂高 »