« 〝鎌倉 森とヨガのレトリート〟(更新) | トップページ | 御厨さん 『やさいの本』 »

2010.09.09

笑いあり 涙あり

みなさん、こんにちは。

Ytt

私です。

こういうの好きですか?

気づけば私、こういうの割と好きになっていました。

クリパルヨガの影響でしょうか?

まあ、そうでしょう。

率直に言って、アホですね。ははは。

8月にスタートしたYTT(クリパルヨガ教師トレーニング)のパート2で、

このメガネを使う機会(私じゃなくて)がありました。

私たちアシスタントが小芝居で、あるティーチングにおける状況を表現した時にね。

生徒さんも、私たちも、ディレクターであるトシさんも(ビデオしてましたgood)も、

おかしくておかしくて、腰が砕けそうになりながら、眼のふちから涙を流し、

初めは「へ?」と不安そうな顔から、そのうちくすくす、

最後には、「あはっははははあ、やめて~」って感じで、

笑いも変化していきました。

ちょっといつもと違う、YTTでの1コマです。

~ こんなこと、私たちはランチの時に打ち合わせしたりします ~

でも実は、こんな1枚が信じられないくらいに、

とてもぎりぎりのとこで自分を見つめるプラクティスティーチがありました。

いろいろあります。

人生ですから!

一生懸命ベストを尽くし、ここは踏ん張り、取り組む時があり、

また、一方では、心の底から、ただただシンプルに笑う時がある。

ヨガが気持ちいい側面だけでなく、

自分を見つめ、起きていることに気づき、苦して、しんどくて、

それでも、それをよおおおく観察し、寄り添い続けていくことが不可欠であるように。

その辛さを、苦しみを、十分自分で体験したからこそ、

乗り越えた体験を積み重ねたからこそ、

うわべだけでない、深い自分を知ることができるように。

その奥に潜むありのままの自分を慈しむことができるように。

だからこそ、得ることのできる本物の力強さ、やさしさ、シンプルさ、陽気さ。

ああ、なんて豊かな人生なんだ。

自分っていいもんだとつくづく思う。

なんとなくナイスなとこで済ますことを続けていれば、

決してそこまではたどり着けない。

人は自分の見たいものを他者の中に見るという。

それが、パートナーであれ、親しい友人であれ、なんであれ。

ほんとだ。

私の心の友は、ヨガの仲間は、私の見たいものをたっぷりもっている。

そして、私の中にも、私の見たいものがある。

私はこうありたい。

その選択がここにある。

「え、こんなの嫌だなあって中にいるよ」。

でもそれも、無意識に、また意識的に、

自分への言い訳のため、ごまかしのため、選択しているのかもしれません。

わかります。

私もそういうことあります。

「あ、間違えた」。

そう思ったら、勇気をもって戻ります。

「どうしたい?」

クリパルヨガではよく聞く言葉です。

自分に誠実であれば、どうしたいのかはきっと見えてきます。

私がクリパルヨガに惹かれた一番のエッセンスは、自由であること。

自分で責任をとるからこそ、尊重される自由。

私は子供のころから、自分でいろんな選択をしたかった。

そして、実際、選んできた。

ある時は「じゃあいい」と意地をはり、

ある時はなんとかわかってもらえるように、周りとのやりとりをあきらめずに。

(お父さん、お母さん、ありがとう。)

誰もせいにもしたくなかった。

自分で責任をとりたかった。

つまり、自由でありたかった。

外からのことに過敏に反応し壁を作る時は、自ら自由から離れている時。

その壁の内側だけで、僅かな人たちとだけで自由でいる。

そんな偽物の自由なら、いらない。

本物の自由を手にして生活していると、どうなのか?

仕事も、恋愛も、家族も、友人ともやりとりも、ずっとスムース(健全)。

~うまくいくことだけがスムースなのではなく~

現実的に自分に責任をとり、

何よりも、私がパーフェクトじゃない私を認めているから。

(パーフェクトじゃない=テキトーではありません。念のため。

しなやかに、そして不器用にも、ベスト尽くします。)

その自分を認めていれば、

自然とリラックスしてくるし、無駄なことにエネルギーも使わない。

方向性がはっきりしているから。

同時にスペースが広がり、余裕ができるから。

(これ、プレスポイントhappy01

悪くないよ、えりこ。

明日起きたらこうなってる。

そんなことありません。

寝てる間に小人は働いてくれません。

時間がかかります。

あきらめずに、自分に誠実に寄り添い続けること。

これしかありません。

そして今もなお、私はこうしています。

うまくいかない時もあるけれど。

その割合は、確実に変化しています。

それは私の選択だから。

「あなたはどうしたいですか?」

|

« 〝鎌倉 森とヨガのレトリート〟(更新) | トップページ | 御厨さん 『やさいの本』 »

yogaのこと、ワークショップのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 〝鎌倉 森とヨガのレトリート〟(更新) | トップページ | 御厨さん 『やさいの本』 »