« 今だけの夏を | トップページ | 鎌倉アルプス »

2010.08.15

クリパルヨガ教師トレーニング

日本で開催されるクリパルヨガ教師トレーニングは、

今回で4回め。

アシスタントに入らせていただきながら、

自分の中での感じ方、受け取り方、対応の仕方、

さまざまな変化を目の当たりにしています。

以前、見えなかったことが見えてきたり、たくさん引き算し、手放す勇気がもてたり。

今回はスタジオでクラスを担当するティーチャー以外にも、

新しく卒業生の2人がアシスタントに参加しています。

より風通しよく、遠慮せず、コミュニケーションをしっかりとって、

また新たに築かれる信頼関係を楽しみながらやっていきたい、そう思います。

早速、日曜の午後、ディレクターのトシさん、由香さんと一緒に、

プラタパーナ(ウォームアップのように体を探るもの)を

担当させていただいた時のことです。

私は今回、週末プラス数日の参加。

久々のYTTのアシスタントで、参加できる日も少なくて、

なんとなく浮足立ってしまってはいないかと感じ、

落ち着こうと思って臨んだら、

落ち着くんではなく、落ちて行った・・。

「ええええええ、ちょっと、私、大丈夫?」

心の中で叫びました。

そう思っていたら、

トシさんがささーと近寄り、「えりこ、声、聞こえない」。

「ですよね」。

体だって動きにくい。

音楽のボリュームを下げに来る由香さん。

「私はアホか」。

そう思いながらも、時間は過ぎ、やるべきことは目の前にあり、

生徒さんはこっちを見ています。(当たり前。はは)

そのうち、HA呼吸を何度も勢いよく繰り返し、

トシさん、由香さんのサポート、

生徒さんの存在もあり、

ようやく、少し、落ち着いて行きました。

帰りの電車で、

由香さんに「えりこ、まだまだちっちゃい!」

「ほんと、私、かわいい!」と笑いあいました。

私って、(熱いくせに)クールじゃないこと(あくまでも私視点)、

ほっんと、苦手なんだ。

まあ、私が実際したことのほうが、よっぽどクールじゃないけど。

同時に、「こういうのに気づいていてほしい」。

そう思いました。

ティーチャーだって人間です。

いい時もあれば、そうじゃない時もある。

羽ばたきたくなる時もあれば、穴を掘って埋もれてしまいそうな時もある。

でも、逃げるわけにはいかないのです。

自分の心の状態が、如実にクラスへ現れます。

自分のあり方が、表現されます。

それは例え、

YTTが修了し、クリパルヨガティーチャーになったとしても、ずっと続きます。

心は動き、変化し、私たちは生きています。

YTTに参加するひとりひとりが、

自分との関係性を深め、育んでいくのを、愛をもって、辛抱強く寄り添っていきたい。

また、私が私自身を繊細に観察し、自身との関係性をさらに深め、築いていきたい。

これが今回の、私のintention(意図)です。

早速、自分探検、始まってます。

今回はパートを4つに分けてのYTT。

2週間後、パート2が始ります。

ひとりひとりに、

自分に飛び込む勇気と、受け止める優しさが訪れますように。

心から、心から、応援しています。

|

« 今だけの夏を | トップページ | 鎌倉アルプス »

yogaのこと、ワークショップのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今だけの夏を | トップページ | 鎌倉アルプス »