« 真鶴のおみやげ | トップページ | 〝鎌倉 森とヨガのレトリート〟(更新) »

2010.08.24

地球交響曲 第7番

Photo

地球交響曲第7番

みなさん、もうご覧になりましたか?

Yoga of lifeで、「観た?」と聞くと、

「観た観た~」とか、「今から行くとこ!」とか、

そんな人たちが集まってるんだなあと、つくづく感じます。

今回の出演者は、

アンドリュー・ワイル、高野孝子、グレッグ・レモン。

恵比寿の東京都写真美術館ホールで開催中です。

今更ながらですが、8月28日(土)までdash

行ってよかった。

そう思いました。

1995年、人力と犬ぞりで北極海横断の旅を、

日本女性として初めて成し遂げた高野孝子さんは、

その苛酷な状況でのスタミナについて、こう話します。

「そこでは精神力を含めたスタミナが求められます。

その精神力というのは、戦う精神力ではなく、受け入れる精神力。

それがトータルでスタミナとなっていくのです。」

北極海のような過酷な状況でなくても、

例えそれが、仕事でも家庭でも同様だと感じました。

日々の生活においてぎりぎりのとこにいる時、戦う精神力が強くなりがちかもしれません。

実際、それで乗り越えていくことも多々あります。

しかし、受け入れる精神力。

これがないと、そのうち壊れてしまう。

そしてこちらは育むのが比較的困難で、結果も見えにくい。

でも内に秘める多くのことは、

受け入れる精神力、

これがあることで解決していくことが多いんじゃないかと、

私のささやかな体験から、感じています。

これを持っていれば、とてもグランディングしていて、力強いですから。

いずれにしても、

戦う精神力と受け入れる精神力。

男性性と女性性。

強く、優しくあること。

このバランスが難しいとこ。

チャレンジを続ける価値はあります。

|

« 真鶴のおみやげ | トップページ | 〝鎌倉 森とヨガのレトリート〟(更新) »

心の旅路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 真鶴のおみやげ | トップページ | 〝鎌倉 森とヨガのレトリート〟(更新) »