« 4月26日に渡せなくてごめんね | トップページ | いろんな見方 »

2010.05.04

姪っ子の話 2本立て

遊びに来ている姪っ子家族。

妹が私にこんな話をしてくれました。

毎週土曜日、嵐の大野くん主演で怪物くんがテレビで放映中。

そこでのお金の話の会のこと。

小学校の帰りに、姪と妹(ママ)が手をつなぎながら、

「お金は大切!」と話をしていたら、

「もっとたいせつなものしってるよ!」と姪。

「ん?なに?」とママ。

「かぞく」

「そんなこと言い聞かせてないのにね、参っちゃったよ」と妹。

私も、目の前にいる姪を前に、

「そうなんだあ。すごいね。」と驚くばかり。

ゆっこ(妹)が、忙しくても、ちゃんと根気強く話しを聞いたり、

寄り添うこと続けてるから、こういう子になったんだろうなあ。

姪がその時、

「かぞく!」

「かぞく!」

「かぞく!」

と、そこにいた家族のひとり一人を指差し、にっこり。

私も家族なんだ。

じーんときちゃう。

「あ、あともうひとつ。」と妹。

清潔にしていることは大事なこととお話をしていた時のこと。

「パパとかママがきれいにしていなかったらイヤでしょ?」と姪に聞くと、

「ううん。パパもママも、じいじもばあばも、ねえねも、

しってるひとだったら、いいよ。なにもかわらないもん。」

真実をついてます。

心を開き、信頼している人が、

たとえどんなであろうと、変わらないということ。

妹は「ママが間違ってた」と、ひとことつぶやいたそうです。

感動する私たちをよそに、「ん?なに?」っていう表情の姪。

ここに生まれてきてくれてありがとう。

私たち家族に必要で、

ここを選んで生まれてきてくれたんだなあと感じます。

私たちが、もう一度、今のあり方を見直し、

人生を味わうために、彼女はここを選んできてくれたんだなあ。

ずっと、ありのままでいて下さい。

私もこの時を大切にしたいと、心から思っています。

大切な人、ありがとう。

◆注意◆

いつもうちの家族は清潔を心がけています。ははは。

よろしく。

|

« 4月26日に渡せなくてごめんね | トップページ | いろんな見方 »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4月26日に渡せなくてごめんね | トップページ | いろんな見方 »