« self practiceからのギフト | トップページ | Loving silence days. »

2010.04.26

Birthday Journey

Birthday Journeyから帰りました。

誕生日の4月26日は、旅先で心静かに迎えようと。

1

そこでみつけたお花、サキシフラガー

うわー、超かわいい!超タイプ!と大喜び。

帰る直前に出会い、連れて帰ってきました。

そんな私も、ここ何年も、誕生日がずっと憂鬱でした。

若い時は、もっとかわいかった(はず)、きれいだった(はず)。

老いるのが嫌で、

また今生で、

自分にとっての、本当に必要なことが築けていないんじゃないかと思う不安。

そんなことがあり、なかなか誕生日を受け入れられないでいました。

今年はこのブログでも、あえて、「もうすぐ誕生日」と言ってみたりして。

でも状況は変わらず、やっぱり憂鬱。

憂鬱ってすごいイメージが湧く漢字ですね。

まさに、このざわざわして、どんよりとした雰囲気でした。

そのざわざわは、旅先でも続き、

そんな自分にうんざりし、結構悲しくなる瞬間もある。

やれやれ。

春の息吹をまさに今、感じるその土地で、

気づきの観察をしたり、

歩く瞑想をしたり、

ヨガをしたり、

とにかく、思いつく自分とつながることを続けていきます。

同時に、旅先での知りあう人たちとのやりとりや、興味深い経験などもあり、

少しの非日常に自分がおかれるのも感じながら。

そしてふと、誕生日の前日に気づいたことがありました。

歳を重ねることを憂鬱だったり、不安だったりすることの対象を、

私は誕生日だと決めている。

まるでその日が、

悪魔が手招きして待っている日のように感じている。

でも、こうして今この時も、間違いなく時は刻まれ、老いている。

そうだった。

この憂鬱や不安が私を占領すると、

今ここにいることから遠く離れ、私とも離れています。

私と離れてしまえば、それはもう、私は不安になります。

今この時を生きるんだった。

そうしたいんだった。

そう思ったら、余分な力が抜け、心がとけていく自分がいました。

そんな自分を見て、私もほっとしました。

よかった、えりこ。

電波がつながるとこに降りてくると、携帯にぽろぽろとバースデーメールが届く。

もっとこっちにいたいとも思ったけど、

こうして、心をこめて、「お誕生日おめでとう」といってくれる存在が、

戻るとこにもいることが、ただ、ただ、嬉しかった。

ありがとう。

その日は、Lotus 8でのクラスに間に合うように発ちました。

そこでまた、「実は今日、誕生日なんですshine」と言うと、生徒さんたちから拍手。

「わあ、ありがとうございます!」

ここでシェアしたことを、クラスの前にみなさんにシェアしました。

それに、また誕生日だって言えてた。

受付のMんぐが、Lotusさんのブログにもアップしてくれました。

前だったら、こういうの、受け入れられなかったなあ。

これからも、変わっていく自分に意識を向け続けます。

自分自身をあきらめずに、勇気をもって、慈しみとともに。

みなさん、ホント、ありがとうございました。

おひとりおひとりの次に迎える誕生日が、豊かでありますように。

さあ、私、どこに行ってきたんでしょうか?

ヒント1flair

5

ヒント2flair

2

ヒント3flair

3

続きは次回。

ちゃお。

|

« self practiceからのギフト | トップページ | Loving silence days. »

森歩き」カテゴリの記事

コメント

Hさん

そうです!あたり!
穂高養生園です。

それと、リスのコーラス付きバースデーカード!
いつもホントにありがとうございます。
思わず顔がほころび、心が溶けました。

さまざまな、小さな、時に大きな思いや感情や体験が積み重なり、
今の私たちを作ってます。
そう思ったら、その過程に目を向け、味わい、受けとめていきたい。
たとえうまくいかなくても、方向性として。
Life is short.
生かされてここに存在します。
今この時を感じ、丁寧に満喫する。
頭で考えることに振り回され、
本当の自分の声に耳を塞いでしまわないでいたいです。

最後に、Hご夫婦に応援されているのはいつも感じてます。
きっと、私の感謝の気持ちも伝わっていると信じています。
これからも末永くよろしくお願いします。

投稿: くらもとえりこ | 2010.04.29 20:19

えりこさんがよく行く穂高養生園じゃないの?hotmailにバースデーカードを送っておいたのですが見てくれました?(コーラス付)

とにかくお誕生日おめでとうございます。確かに年齢を重ねると誕生日があまりうれしく感じないこともあります。辛いこと、悲しいこと、嬉しいこと、楽しいこと、いろいろな経験を積み重ねて一年に一度めぐってくる誕生日。毎回重みを増して行くような気がします。いろいろな人に支えられて生かされているんですよね。

えりこさんのブログを見て気づかされることがたくさんあります。 ありがとう。

えりこさんの新たな一年が実りあるものでありますように。いつも応援しています。 H

投稿: H | 2010.04.28 20:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« self practiceからのギフト | トップページ | Loving silence days. »