« さあ、シニアヨガ! | トップページ | それってあたりまえ? »

2010.01.15

クラスの印象 自分の個性

最近、毎日のように、Yoga of LIfeで、

他のティーチャーのクラスに参加しています。

一人ひとりの、Welcoming、Centering、Class desigh、Closing,

そして生徒さんとのやりとりから、学ぶこと満載。

とても、豊かです。

自分なりの興味のあるアンテナでクラスの準備をしていて、

よおおく勉強してるなあと身が引き締まります。

そして、生徒さんをよく観て、その場で起きていること、雰囲気を繊細に感じ、

プランしていたことにしがみつくことなく、その波に乗ってcreateしていきます。

このあたりが、クリパルヨガ独特なところですね。

そんなこともにも気づきながら、私は私のヨガの練習に集中していきます。

妙に気になるとこがあったり、

動き始めの感覚がつかめなかったり、信じられなかったり、

セルフイメージより、実はずっと伸びやかだったり、

と思って、ハリキリ過ぎたり。はは。

変化していく自分の体を、心を感じていきます。

深く集中して、深くゆるんで。

そうして、いろんなティーチャーのクラスにでることを重ねながら

気づくことがありました。

クラスでどんなことをやったか、ということだけでなく、

どんな空気が流れているか、どんな雰囲気なのか、

ということがずいぶん違うんだということ。

改めて気づかされました。

これはある程度は、クラスデザインやティーチャーとしてのあり方で、

意識をむけることができると思いますが、

それだけではない、いわゆる、その人の生まれながらにもった雰囲気。

この印象がとても強く、クラス全体の個性となっているんだということ。

これはどうしょうもない!

おもしろい!

真似なんてできない!

それが生かされていくのがクリパルヨガ。

いいなあ。

チッタとプラーナとともに。

さあ、今日は新月。

月礼拝をしますよ。

|

« さあ、シニアヨガ! | トップページ | それってあたりまえ? »

yogaのこと、ワークショップのこと」カテゴリの記事

コメント

カッパさん、いつもありがとうございます。

昔、私は、最後にバラバラバラとして、
まあしょうがないと諦めてしまっていたことが多かったタイプです。
そのうち、そんな状況でもベストを尽くそう!と行動するようになりました。
そうしているうちに、ヨガに出会ったようです。
より、自分がどうしたいかに目がむくようになったということですね。

クリパルは、今ここ(東洋的)で起こっていることを、
現実的に(アメリカ的)どうしたいかって観て、行動(アメリカ的)に移します。
東洋的なものとアメリカ的なものの融合によって生み出された感あります。
カッパさんはどう思います?

投稿: くらもとりこ | 2010.01.17 21:43

夕べの月礼拝はパワーをいただきました!
たのしかった!!(^∀^)

えりこさんのクラスではよく、生徒さんをさりげなくフォローする声かけがあって、それを聞くと「ちゃんと見てくれているんだなー」って安心できるのかもなぁ・・と思いました。

『プランにしがみつくことなく、その場の空気を大切にする・・』
日常生活でも活かせそうです。つい、プランにしがみついちゃいます。もしくはぜんぶ放棄したくなったり。最初から「臨機応変に」ってプランのうちに入れとくとよさそうですね〜。
クリパルってアメリカのヨガなのに、すごく東洋的な考え方なんですねー。なぜなんだろう??

投稿: カッパ | 2010.01.16 13:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さあ、シニアヨガ! | トップページ | それってあたりまえ? »