« 太陽と月のように | トップページ | 1月の代行のお知らせ »

2010.01.03

心新たに関わるとき

新年早々、我らが三浦徒志郎のお宅へ遊びへいきました。

すうううううううう、はあああああ。

電車から降りると、その空気のおいしさに気づきます。

ほっんと、おいしい。

ああ、帰りはきっと満天の星diamond

・・・なんて、楽しみにしていたりします。

たくさん飲んで、たくさん食べて、たくさん話しました。

とろーり梅酒をおかわりし、

今年もノンアルコールビールを頂き(私はこれで酔えそう・・)、

マクロビオティックおせちをごちそうになりました。

1_5 2_2

 

この湯気からおいしさ伝わりますか?

マクロビすき焼きです。

そして今年も、玄米餅研究家ことトシさんのおもち。

だいこんと納豆で。

3_2 

はるちゃん作、さつまいものういろう

どれもおいしかった。

写真がなくて残念なのですが、

他にも、黒豆やら煮物も、やはり味付けがやわらく、やさしく体にしみこみます。

いろいろと話しました。

いい時も、しんどい時も、苦しい時も、一緒に歩む仲間です。

もし、いい時しか一緒にいられない関係性なら、

うーん、きっと、そのうち離れていくだろうなあ。

それでは、つくりもののような関係です。

どんな時も、どんな状態であろうと、

そっと、厳しさと愛をもって受け入れてくれる存在です。

愛って日本社会では使いにくい言葉ですが、

でも、これって愛以外の何者でもないのです。

エッジに立たされるチャレンジはたくさんあるけれど、

それはズバリ、チャンスを与えられているということ。

しっかりと体験しようと思います。

今ここから離れずにいようと思います。

より豊かな日々を。

よりリアルでいられますように。

本物の私で。

本物の仲間と。

|

« 太陽と月のように | トップページ | 1月の代行のお知らせ »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 太陽と月のように | トップページ | 1月の代行のお知らせ »