« 2010年新しき年に | トップページ | 心新たに関わるとき »

2010.01.02

太陽と月のように

元旦が満月という今年。

東の空に初日の出、西の空に満月、真ん中に私をイメージして、

散歩にいこう!と思っていたのですが、

目覚ましにもまったく気づかず、実行されずでした。

ははは。

元旦午前4時13分頃が満月の瞬間!

7_5

でもこれは、1時間前。

昨年Lotus8で開催された、

月のソムリエこと景山えりかさんとの月のコラボWSで教えていただき、

詳しくブログでチェック済みでした。

おまけに部分月食。

えりかさんの元旦のブログに、『満月は、「結実」の象徴』とあり、

「あーーーー、やっぱり見たかった!」と・・・。うかつだった・・。

でも大丈夫!

うきうきする気持ちも、「結実」のイメージも、私の中では揺るがないのだ。

・・・というわけで、家族総出で初詣へ。

6

何度も私とダッシュでかけっこをしてから、

「あ、準備運動」と姪っ子がひとこと、後からストレッチです。ははは。

5

高いところから見える富士山

2

3_6

西に沈む太陽をいっぱいに浴びる街とももいろ雲

1

元旦の太陽が沈んでいきます。

8_2

元旦の満月がぽっかりと空に。

太陽の眩しさと、月の輝き。

眩しかった太陽は、夕焼けに姿を変えて。

姪っ子曰く、夕焼けは「ホットケーキみたいで、あったかい感じ」。

バトンタッチで東の空に現れた月は、静かで、穏やか。

満月だったためか、黄色く強いエネルギーを放ち、吸い込まれそうでした。

太陽と月。

どちらも特徴が異なります。

また、ある時は太陽のような月であったり、月のような太陽であったりもします。

さまざまな顔を持ち、現れ方をする自分に気づき、

変化する自分を受け入れ、活かしていきたい。

そう思います。

太陽と月のように。

|

« 2010年新しき年に | トップページ | 心新たに関わるとき »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2010年新しき年に | トップページ | 心新たに関わるとき »