« 幸せを呼ぶ黄色い花 | トップページ | クラスの印象 自分の個性 »

2010.01.12

さあ、シニアヨガ!

昨年に引き続き、

埼玉県某市からスタジオへの依頼で、

シニアヨガが始まりました。全8回シリーズ。

去年のシニアヨガのことはココ

昨年はトシさん(三浦徒志郎)のアシスタントで参加させていただきましたが、

今年は私が担当することになり、はるちゃんがサポートに入ってくれています。

同じ中学校で、看護士さんもお世話になったWさん。

1年ってあっという間ですが、ああ、なつかしい!

参加者は66歳から88歳、男女合わせて10名の人生の大先輩。

自己紹介でやはり自然と・・・

「みなさんからしたら、私のような若輩者ですが・・」と出てくる言葉。

「ベストを尽くします。みなさんと一緒に楽しんでできたらと思っています。

よろしくお願いします!」

そうです、楽しむ気持ち満々。

そして、明るく、やさしく、あたたかい場にしたいという意図が強くあります。

安心して通える場。

呼吸をたっぷりして、自分の体を感じたくなるような場です。

それを自己紹介で私自身も確認し、呼吸からスタート。

クリパル独特の「はああああ」という呼吸を何度も何度も、

自由に、好きなだけしてもらう。

うわあああ、みなさん、いい感じ。

もちろん、初めは緊張もこわばりもありましたが、

みるみると表情にも変化が現れます。

できるだけやわらかく、シンプルな、明瞭な言葉がけに意識を向け、

進めていきました。

関節を回したり、体の中心の骨盤を意識して回したりするだけで、

「ああ、いつもこんなことしないよ」とか、「おお、気持ちいいなあ」なんて、

口々に声が聞こえ、「そうですか。よかったですね~」なんて答えながら、

自然とシェアリング。

素敵happy01

言葉で確認することで、さらに表情が弛み、体が弛んでいきます。

はるちゃんも私も、自然と笑顔が溢れ、何度もアイコンタクトをし、

そのやわらかい雰囲気が、また教室いっぱいに広がります。

「ココにいてくれると、見やすいよ」と、

最年長の女性が積極的にリクエストしてくださったりして、

「安心できる場ができているみたいだな」と、嬉しくなったりして。

参加者のみなさんと私たちの呼吸やアイコンタクトによって、

自然と笑顔が溢れ、あたたかい場になっていくこと、

その変化にすごいなああああ、プラーナ、すごい!とちょっと感動。

生かされてる感ある!

これって、私のしたいことのひとつ!

みなさん自主的に参加されているとのこと。

具体的に何をするかというと、自立した生活をサポートするような、

下肢筋力の維持と向上、胸を開いたり背中側を広げたりというような、

市や参加者が求めている現実的な部分をしっかりと組み立て、

さらに、楽しむことも大切に考えています。

自分の呼吸を、体を、他者とのやりとりを存在を、そしてこの場を。

8回シリーズが終わった後も、家で続けたいなと思うような、

そこから日々の生活になんらかの変化があるような土台になったらと

思って取り組んでいます。

看護士さんがいてくださったり、

参加者とやりとりをしている市の担当の方々がいらしてくださることで、

さらに安全で安心な場が用意されていることに感謝です。

あと、はるちゃん!

オープンで、安定して、頼もしく、なによりも、明るく楽しくそこにいてくれる。

まるで生きてることを、最大限に謳歌している花のようでした。(きっと、私もshine

そのすばらしい力に勇気づけられました。

ありがとーhappy02

全体として、やわらかい雰囲気がずっと流れていたのは、

きっと私たちが女性であるから。

おお、女でよかった!

私たちの女性性、生かされてる!

まず私たちが楽しむこと。

安心して、明るく、やさしく、あたたかい場にするためには、これが土台。

トシさん、チャンスをありがとうございます。

えりこ、しっかりやります!

|

« 幸せを呼ぶ黄色い花 | トップページ | クラスの印象 自分の個性 »

yogaのこと、ワークショップのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幸せを呼ぶ黄色い花 | トップページ | クラスの印象 自分の個性 »