« インフルエンザ→動くことって | トップページ | 太陽さん、地球さん、そんな意味じゃないんです。 »

2009.12.09

変わらないものと変わるもの

インフルエンザになる前に、毎日のように、

元上司、学生時代の友人、元同僚、ヨガ友と、再会しました。

元上司であっても、元同僚であっても、

もはや利害関係のまったくない、贅沢な関係です。

元上司には、月島にもんじゃを食べに連れて行っていただきました。

月島でもんじゃなんて、何年ぶり?

人生の先輩に、ちょっと仕事の相談もさせていただきました。

さあ結構食べて、おなかも満腹。

お忙しいはずなのに、

ひと足早く行って、お土産(もんじゃ材料セット!)まで用意してくださっていました。

紳士。

21_3 3_41_5

                

久々に下北沢のチクテカフェへ。

同世代の元同僚の友人。

「あれ・・・・?」

彼女の雰囲気が変わりました。

今まで感じたことない雰囲気。

「ねえ、感じ変わったね。何かあった?」なんて聞いちゃいます。

仕事をしていると、それなりのポジションになってくる私たちの年代です。

人を育てるいいツールが仕事でもあります。

そこでいろいろあったとのこと。

前よりもどっしりとして、優しさに満ち、許容してくれる雰囲気。

あ、間違いなく、もともと優しい友人でした。

ただ、ちょっと遠慮するというか、なんというか、真意がどこにあるのか・・・といった、

そんな印象がありました。

私の方が少し寂しさを感じるくらい。

私と会って楽しいんだろうか?とも思うくらい。

なぜかというと、私は大切な友人であればあるほど、

はっきりとした意思を表明します。

もちろん乱暴ではなく、あくまで穏やかに、でもしっかりと。

相手をリスペクトする意味でも。

でも、もしこれを、相手が持ち合わせていなければ、しんどいはずです。

大切な友人。

私は彼女が芯が強く、まっすぐな人だってずっと思っていました。

だから一緒にいられたわけです。

その友人が、今、目の前で、とても自然に、リラックスしている。

幸せそう。

嬉しくないわけがない。

そして彼女も同じように感じているようでした。

さまざまな体験を通して、そこから逃げることなく、しっかりと向き合っていけば、

乗り越えた時に、ギフトがやってくる。

友人の頼もしさに、心がとけていくのを感じました。

こうして私たちは、成長して、生きていく。

かけがいのない関係を築く人たちから、感じること。

そこには、毎日のように会っていた頃と変わらないものがあり、

また同時に、触れたことがない新鮮な驚きもあります。

変わらないものは、その人と私の間の絆。

久々に会うのに、お互いを当然のように受け入れ、尊重し、大切に感じること。

変わるものは、成長し、熟成し、さらに豊かになっていくこと。

それぞれの場での仕事や家庭、生活を通して。

活躍の場は違えど、自分が選んだその場で、どんどん強く、優しくなっていきます。

ご縁があって、今生を分かち合う人たち。

これを宝物と言わずして、なんというのだろう。

生きていくしんどさも、喜びも、すべてはここに。

|

« インフルエンザ→動くことって | トップページ | 太陽さん、地球さん、そんな意味じゃないんです。 »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インフルエンザ→動くことって | トップページ | 太陽さん、地球さん、そんな意味じゃないんです。 »