« 意味ある出会い | トップページ | 台風のロータス8に響く、はああの呼吸 »

2009.10.22

意識のヨガ ~クリパル~

2_2 1_2             

秋の実りに目を向けると、

同じように自分に意識をむけることにつながります。

「意識をむける」

先日、初めてクラスにお越しいただいた、

ヴィパサナ瞑想や他のヨガの体験している生徒さんから、

「クリパルヨガって、ヨガっていわなくても他のものみたいに感じるくらい違いますね。」

とのこと。

なるほど。

ヴィパサナ瞑想とか?フェルデンクライスとか?

他の経験者やヨガジプシーされている方にも、きっと新鮮なんだろうなと思います。

実際、私には衝撃でした。

クリパルヨガのDVDには、

『あるがままのヨガ クリパルという、もうひとつのヨガ』と紹介されてもいます。

もうひとつのヨガ。

意識のヨガ。

意識をむけることで、今までないがしろにしていた自分の感覚やくせに気づき始めます。

どれだけ自分に意識をむけていなかったか、

思い込みや、自分でつくった物語、限定した考えの中でしか生きていなかったか、

「何も変わらないと」、まるで居心地のいい深い井戸の中で生きていたか、

その考えを他者に押し付けたり、

または、その関係性に目をむけ、深めることをあっさり諦め、投げ出したり。

感じること、気づくことは人それぞれ。

クリパルヨガはそれに気づかせてくれるツールになります。

他にもクリパルヨガは、

ハートのヨガ、変革のヨガ、慈悲のヨガ、などど、

アメリカではいわれるそうです。

私もクリパルセンターにいくと、興味津々で聞きます。

「ねえ、クリパルヨガって、アメリカではどんな風に思われているの?」

「Kripalu is difference.」

やっぱり・・・。

当然私も、「Eriko、日本ではクリパルはどおなの?」と聞かれます。

「Kripalu is difference.」

みんな、「やっぱり!」

この個性的なヨガ、クリパルヨガが、

私たち一人ひとりの存在を尊重し、生かすツールになりますように。

YTTのアシスタントに入らせていただきながら、

自分の中に浮かぶ数々の気づきに出会い、そんなことを思うのでした。

|

« 意味ある出会い | トップページ | 台風のロータス8に響く、はああの呼吸 »

yogaのこと、ワークショップのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 意味ある出会い | トップページ | 台風のロータス8に響く、はああの呼吸 »