« 姪っ子の運動会 | トップページ | 秋まっさかり »

2009.10.12

太陽と木々と

短いきんもくせいの頃を謳歌しようと、新宿御苑にやってきました。

8

観て楽しむ花ではないけれど、香りに右にでるものはいないのも事実。

これは、ずいぶん大きなきんもくせいの木。

ピクニックシートを敷いて、陽だまりの中、ランチしました。

ああ、幸せ。

はあああ~、気持ちいい。

あ、気持ちいいんだった。

自分の中でざわざわすることがあると、

周りで起きていることにも、気づきにくくなります。

そのことに気づかされる瞬間。

よかった~、このこと実感できて~、セーフ!なんてね。

7_2

木漏れ日が地面を照らし、大地がその暖かさを受け取ります。

そこに生きる私たち、人間、すべての生物。

最も基本的なことから離れていたなあと、体全身で感じました。

自然とみなぎる力。

こういうことか・・・。

6_3            

こんなに力強くて、美しいなんて、参ります。

feel yourself, feel the universe.

さあ、ここからスタートです。

|

« 姪っ子の運動会 | トップページ | 秋まっさかり »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 姪っ子の運動会 | トップページ | 秋まっさかり »