« ~月とともに生きる~ROSALBA | トップページ | さんまと可能性 »

2009.09.26

声 コブクロのクロ

数か月前、ふとテレビをつけると、

コブクロが歌っていることが続きました。

今さらですが、

「ううううううううん。このおっきい人(黒田さん)、ものすごく声がいい。」と、

その声がテレビから響くと、釘付けになっていました。

そして、ひょんなことから、初コブクロライブに行ってきました。

コブクロのクロ。

ものすごかったです。

技術的なものは言うまでもなく、その圧倒的な声量。

渋さと甘さ。

のびやかさと深み。

強さと優しさ。

力を抜くところと入れるところ。

(ちょっと、クリパルヨガっぽくなってきましたね。ははは。)

何よりも、言葉に、音に、想いや気持ちを乗せるのが、うまい。

うまい・・・。

だからこそ、その波動はまっすぐに、聞く人の心に伝わってきます。

確実にプラーナ系ボーカリスト。(そんなのある?)

コブクロのクロのことばかりお話しましたが、

コブクロのコブ。

そのほとんどの作詞作曲を手掛け、歌うだけでなく走り回ってギターを弾き、

ライブのリードと観客とのやりとり、感じたことを言葉で表現する力、

はてしなく仕事が多く、かなりのタフです。

一目で感じました。

彼はきっと、ヨギです。

しんどいことがあると、

もし次の生があるのだとしたら、

花とか、虫とか、(きっと)感情のない生物がいいなと本気で思います。(はは)

でも、感情があるから、心があるからこそ、

信じることも、愛することもあるんだよねと

そう、心に響くひと時でした。

そして、こういうライブも、ヨガのクラスも、

同じ方向を向いてるんだなあとも感じました。

だれかのきっかけになる可能性がある。

たとえ小さなきっかけだとしても、

その後の体験した人の大きな力につながっていくこともあるんだと

感じずにはいられませんでした。

コブクロライブ。

また、行っちゃいますね、確実に。

コブクロさん、ありがとう。

惚れましたheart01

 

PS.MCの長いライブでした。

「関西人だからって面白いとは限らないで」と話す黒田さんは、

MCでもすべてに委ねる、やはりプラーナ系でした。

ああ、めっちゃ、楽しかった。

 

 

 

|

« ~月とともに生きる~ROSALBA | トップページ | さんまと可能性 »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ~月とともに生きる~ROSALBA | トップページ | さんまと可能性 »