« ああ、これでいいんだ | トップページ | Deep Breath »

2009.08.29

メモ メモ メモ

先日、「メモ展」に行ってきました。

メモ展?

そう、メモ展。

1_3

絵本作家の友人からハガキをいただき、横浜散策も兼ねてです。

メモ展ってなんだろう?

それほど重要な意味がないだろうというものから、

これって人に見られていいの?

こんなメモよく残ってたよねとか。

見ていて微笑ましく、楽しめました。

私も使ってます。

2

上は使用済み、下の黒のは使い始めたもの。

重い荷物が苦手なので、私には小さいことがポイント!

電車の中でも、ささっと出して書き込めます。

内容はというと、

誰にメールするとか、ブログに書くことのキーワード、

自分へのリマインド、ちょこっと調べること&調べたこと、買い物するもの、

ヨガのクラスや集中コースのアイディアなどなど、

まあいろいろと書き込んであります。

見られたらいやだなと思います。

なんでいやなんでしょうね?

まず字が汚くて読める?(読めなかったらいい?いやいや汚い字が照れる)

私の頭の中のひとりごとを見られるようでいや、というのが近いかもしれません。

以前、クリパルヨガティーチャーのちよちゃんとのプログラムの打ち合わせの際に、

「えりこさん、ノート(メモじゃなくノートです)みせて」と言われ、

「え、これ。はい。」と渡すと、

「うわあ。どうしてこんなに読みやすいの?」と聞かれました。

「後で読み返すという意図をもって、ノートをとるの。

そしたら書き直すこともないから。」

こうすることで、理解しながら、ノートをまとめることが可能です。

後で書き直そうと思っても面倒に感じ、なかなか、私、やりません。

現実的な私、その自分対策です。

ノートの役割とメモの役割が違うことが、よおおくわかります。

ノートは時間がたっても見返すのと異なり、

メモは役割が終われば、ほとんど見返すことはありません。

でも、なんだか人間くさいとこ、あるんです。

自分のメモしかり。

急いで書いただろう箇所や、細かく丁寧に書いてある箇所と、

その時の自分のペースさえも、記録され、読み取れます。

それが、この「メモ展」で気づいた魅力でした。

さて、夏の日差しの中、少し散策。

5_2 64_3

港の見える丘公園がすぐ近く。

なんねん(じゅうねん)ぶり?

昼間に来るとこんなに広く感じるんだ!

なんて、新鮮でした。

もうすぐ散歩が気持いい季節になります。

あちこち歩きたいなと、今から楽しみです。

|

« ああ、これでいいんだ | トップページ | Deep Breath »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ああ、これでいいんだ | トップページ | Deep Breath »