« 8月代行のお知らせ  | トップページ | しあわせを呼ぶクリームパン »

2009.07.24

一緒にごはんを食べる人

今月もお料理教室の振替えをして、横浜にいってきました。

7月のメニューはこちら。

2_3

3_4

5_5

4_4

◇豚肉の黒酢煮

◇夏野菜の焼きびたし

◇ちりめんじゃこの冷や汁

◇押し麦ごはん

◇くずきり

冷や汁って初めていただきました。

宮崎の郷土料理の冷や汁を、少しアレンジしたものでした。

ちりめんじゃこや白ゴマを炒って、少し香ばしくするのはもちろん、

お味噌も焼くんですね。

どうするかというと・・・

お味噌を、空気が入らないようにゴムべらでフライパンの端に押しつけ、

そのフライパンをくるっとひっくり返し、コンロの火にむけあぶると・・・

ふわあああと、香ばしいお味噌の香りが、教室中に広がります。

そして、ぽろっと、フライパンからお味噌が落ちました。

「こんなことのないように・・。」と先生。ははは。

夏野菜の焼きびたしでは、油揚げにモロヘイヤをくるんでグリルで焼くのですが、

「今回油揚げはそのまま焼くので、すぐ焦げ目がつきます。

その場を離れず、気をつけて・・・あああああ~!!(すでに黒かった・・)」

「ねっ、みなさん気をつけて。」と先生。あはは。

そんなことが多かった今回。

そんな油揚げってすぐ焦げるんだあ・・・

なんて、しゃがんでグリルを見ていると、焦げ目をつけるというより、

あっという間に火がつきます!

うわあああ、びっくりした。

同じチームの人たちと、「ほんとだ!」とまた確認。

ぜひみなさんも、つきっきりで、油揚げをグリルにいれて焼いてみて下さい。

気をつけてね。

毎回、料理教室の週末に予定が入り振替えをしているので、

いつも私は初めて会う方と料理をして、ごはんをいただきます。

素直に「おいしい!」とか、「お味噌効いてるー」とか、

感じたことを、言葉や表情に表現する人たちとごはんをいただくのは、

ほっんと、おいしいです。

食事も、テキパキ、さささとすましてしまうとこもあるので、

毎回振替えでお邪魔している割には、私、恵まれています。

(基本的に、みなさん、ものすごく手際がいいけどね。)

こういうのも、合う合わないはありますよね。

大切なのは食の趣味だけでなく、ペースです。

特に意識して相手に合わせるわけでもなく、

すんなりと進んでいくって、心も身体も驚くくらい、癒されます。

自分が自分を癒し、お互いがお互いを治癒している感じあります。

そういう人と、ずっと、一緒に食事をしたいなあと思います。

ねっheart01

これが、今回の、私の料理からのヒント。

|

« 8月代行のお知らせ  | トップページ | しあわせを呼ぶクリームパン »

料理からのヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8月代行のお知らせ  | トップページ | しあわせを呼ぶクリームパン »