« しあわせを呼ぶクリームパン | トップページ | 野菜との会話 »

2009.07.26

Cosmic Diary初体験!

あけましておめでとうございます!

Cosmic Diaryでは、7月26日が新しい年、新しいサイクルの始まりとのこと。

こんな挨拶で始まった念願のワークショップ、

景山えりかさんのCosmic Diaryに参加してきました!

場所は月曜クラスをもたせていただいているLotus8さん。

えりかさんとは初めてお会いした時から、

何か一緒にやりたいなと思っていて、その後も、ご縁のある方。

しっとりとしていて、素敵な大人な女性です。

Cosmic Diary!

1_4

                                

大興奮の2時間でした。

まず、Cosmic Diaryの色が黄色、ゴールド、シルバーゴールドと、

「なんでこの色?他にないの?あ、きっと何か意味があるんだ。」

・・・今年の色だったんですね。

Cosmic Diaryは、「マヤ暦」を時間の周期として使います。

私たちが1873年から現在に至るまで使用している、

グレゴリオ暦の前に使っていたものです。

1か月=28日。女子のみなさん、ピンときましたね。

28日×13か月+1日。

満月の周期(29.53日)、月の公転周期(27.32日)、

太陽の自転の周期(約28日)を融合して、

地球の生命に影響を及ぼす周期を推測すると、

約28日とのこと。

実際、どうやってCosmic Diaryを使っていくかというと・・・

13日周期の「銀河の音」と、20日周期の「太陽の紋章」の流れを感じ、

1日ごとにあるキーワードをチェックします。

そこから感じることや、気づくことを書きとめていきます。

過去のことは確認、見直しやすいですよね。

ふと、気づくと、

自分の周りで起きていることとシンクロしていることに驚きます。

というか、納得します。

ここが、私が大興奮だったといったとこ!

「おおおお~」とか「やっぱり!」「やだやだ、ちょっと・・」とか、

私の中では、あふれでる気づくことでいっぱいになり、

ワークショップに集中していられないくらいでした。はは。

将来的なことでは、このキーワードの時に、

これをしようとか、これは控えようとか活かすことができます。

でも、堅苦しいことも、ややこしいこともあまりなく、

自然界で起こることや、気候の様子や変化、

人とのやりとりで感じること、いい気やいやああな流れに気づいていれば、

なんとなく、いいとこで、流れにのっているんじゃないかと実感します。

(気づいていながら、まずい流れにのっていることもあるということ。)

そうして、自然と生きていることが多いように感じます。

これが、有機的秩序の中で生きていることなのかな。

私はヨガを生活のツールとして活かしているので、そう感じやすいのかもしれません。

でもそれはヨガでなくても、人によってツールが違うだけで、

さまざまなものがあてはまると思います。

瞑想だったり、ゴルフだったり、泳ぐことだったり。

できるだけ、静かに、落ち着いて、集中していられる環境を

自分に与えることが大切だと思います。

そうすれば自然と、自分を感じ、他者を感じ、

活かされているこの場、世界を感じることになるだろうと思います。

そこで、活かされる自分であろうと、選択していくことができると思います。

Cosmic Diaryでも、ヨガでも、仕事でも、

それに振り回されないことが大切ですよね。

一番尊重すべきは、自分がどうしたいか。

またひとつ、生活に活かすツールと出会いました。

Cosmic Diary、ちょっと続けてみようと思います。

|

« しあわせを呼ぶクリームパン | トップページ | 野菜との会話 »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事

コメント

えりかさん、そうです、大興奮でした。ふふふ。
それにダイアリー(キーワード)と、日々のヨガ(アーサナ)との関係sign01また気になることぉ~、なるほどです。
早速チェックしてみます。
ありがとうございます。

投稿: くらもとえりこ | 2009.07.29 22:18

こんばんは~☆
先日はWSにご参加いただきありがとうございました!

WS中、えりこさんに視線を向けると、ちょっぴり気もそぞろな雰囲気を醸し出していたのですが、それは「大興奮!」していたからなのですね♪

うふふ。大興奮。よかったです(^^)

ダイアリー(キーワード)と、日々のヨガ(アーサナ)との関係も気になるところですね。

ダイアリー生活、大いに楽しんでください☆

投稿: 景山えりか | 2009.07.28 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« しあわせを呼ぶクリームパン | トップページ | 野菜との会話 »