« 春の散歩で感じること | トップページ | クリパルヨガティーチャーになるには »

2009.04.04

動物園にお花見

春うららの土曜日、

妹家族とうちの家族とで集合し、動物園にお花見に行ってきました!

久々に会う5歳の姪っ子は、ずいぶんお姉さんぽくなっています。

1_3

Getattachment6_2

レディーはバックを持つそうです。

2_23_4

走る、走る、走る

4_4

マレーバク

5_2

なんだか色っぽい

6_2

はあ~、楽ちん

7_2

よその子は重さを確認してました。

うちの姪は、角をしかるべきとこにあててみてました。ぷぷぷ、かわいい。

8_2 12_2                             

11            

前方に桜発見!

10_2

桜を触って満足気。

パパが下から支えてます。この子重いんだよね。

1,825gで誕生した姪っ子も、おかげさまでものすごく元気です。

ものすごい躍動感、プラーナ感じます。

私は車に少し酔った後、姪と何度も猛ダッシュしたのもあり、くたくた。ははは。

「いつもねえね(私)いないんだもーん」と言われるので、

「今度、1人でじいじのおうちに泊まりにおいで」って言うと、

「えええ」みたいなちょっと困った、でも相当うれしい顔をして、もじもじ。

本気でかわいいです。

また、会うと、いつもひとりひとりとHugをするのが習慣です。

姪っ子は、「あ、じいじとギューしてない」といって、駈け寄っていきました。

ね、かわいいでしょ?

いろいろあるけど、やっぱり家族って、家庭っていいなあと思います。

シニアヨガのサポートに参加させていただいた時、

参加の方々が口々にお話する家族のお話を思い出します。

なんといってもシニアですから、

ご自身に持病があったり、病気があったり、

パートナーの介護をされていたりということがよくあります。

「今日はクラスの最後だから、

女房がカメラ持って行けばっていっていうから、持ってきましたよ。」とか、

「わたしら、かみさんには弱いんですよ。」なんておっしゃってる。

また、ご自分のお嬢さんや息子さんが、

参加するためにサポートしてくださったりされています。

支えあう人がいるっていいなあと思いました。

どんなに満足な、経済的にもリッチな生活をしていても、

60歳、70歳、80歳になった時に、気にする相手がいるかどうか、

そのことが、すいぶんと生活の質を変えていくと感じています。

ふとしたことから、人生の大切なことを学ぶチャンスに出会います。

人生に大切なことは、

大きなことではなくて、

こういう日々の、小さな出来事に目を向けられるかということ。

ギフトはたくさん、落ちているのです。

私はこういう小さな日々の出来事に、深く心を揺さぶられます。

  

|

« 春の散歩で感じること | トップページ | クリパルヨガティーチャーになるには »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春の散歩で感じること | トップページ | クリパルヨガティーチャーになるには »