« お正月(おみくじ大吉) | トップページ | お年玉本 »

2009.01.02

山梨へ

新しい年、山梨へ。

空気と光の違いに驚き、たっぷりひと呼吸。

贅沢。

Getattachment2_2さあ、ここはどこでしょう。

はい。

クリパル三浦夫妻のお宅です。

31_2

                                                                  

           石狩鍋♪くりきんとん♪お豆♪

マッキー(三浦まきこ)のマクロビオティック料理。

おいしかった。

よ!料理上手!

2_2

                         

くわい♪ 

「くわい」って知ってますか?

下茹でしたものを、カラっと揚げて、お塩をふったのみ。

初めて食べましたが、「おーーー、これはおいしい!」

ちよちゃん(斉藤千代子)のおみやげです。

私はちなみに、ありあけのハーバーをおみやげに。

昔、「ありあけ~の~はああばあ~♪」ってCMがありました。

神奈川出身の方はご存知の方も多いのではないでしょうか?

一度は消えて、復活した横浜の懐かしい味。

2001年4月26日に新生ハーバー、復活。

あ、4/26は私の誕生日。

私も、そんじょそこらのことでは負けないでいたいと思います。ハハ。

ところで、マッキーの料理がさらにおいしくなったポイントは、

「いじらないこと」だったそうです。

ちゃんと素材が、自らおいしくなっていくんですね。

そこで私も、クラスでのことをシェア。

あれもこれもとクラスに入れたいと思って欲張るよりも、それをしない方がいい。

「足すことより、引くこと」

欲張っている時には、これがいい。

ちょうどいい時、もし足したら、その分だけ引くといい。

変にいじらない。

ちゃんと生徒さんは体験していくんです。

素材を活かす。生徒さんを活かす。

邪魔をしない。

料理も、ヨガのクラスも同じです。

また私は、普段の生活では何かと予定が入りすぎる傾向があるので、

そうなった時は、クラスでもやってる可能性が高い。

ヨガが私にメッセージを送り、生活が私にメッセージを送ってくれます。

off the mat.

気づいていられる自分でいたいと思います。

そんな話がスムーズにできるのが、チームクリパル。

学び多しです。

そして・・・

4

       

隠れ玄米餅研究家

過去に、何年かの間、玄米餅を研究したことがあるらしいです。

トシさん(三浦徒志郎)です。

トシさんはうどんまで打ってくれてました。

あ、翌朝はパンが焼けていました。(炭水化物担当)

マメです。

そして、ほんとにおいしいです。

玄米餅といい、くわいといい、

初めて食べるものもありおいしかった・・・はあ、ごちそうさまでした。

さらに・・・

写真はないのですが、夜は満点の星。

プラネタリウムです。

静寂に包まれ、夜は更けていくのでした。

1

      

おはよう、マルコメ

凛とした高原のような空気の中、

かっわいい、ちびっこと遊びました。

ずいぶん大きくなりました。

「何で朝からあなたいるんですか?」みたいな顔で、じーとみられました。

はは。

とはいえ、幸せにいっぱい包まれました。

ありがとうございました。

心と身体大切に、

今年もどうぞよろしくお願いします。

|

« お正月(おみくじ大吉) | トップページ | お年玉本 »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事

コメント

yukarinさん
あけましておめでとうございます。

こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。
SOSOのライブのお手伝いをしてたのね。
去年は思いがけず、
ヨガの方でチャンスをいただくことが多く、
そちらに集中してました。

今年は、私も料理を楽しもうと思ってま~す。

私のクラスも、あるうちにぜひお越し下さいな。

投稿: えりこ | 2009.01.08 12:59

えりこさん、あけましておめでとうございます!
去年はsosoさんのライブや4月の春祭りでお世話になりました^^
最近はsosoさんのライブのお手伝い、よくやっておりましたよ。
山梨で素敵な休暇を送られていたんですね!
おいしくなる秘訣はいじらないこと。。。
なるほどですね♪
今年は料理を一杯作ってみたいです。
簡単料理ばかりしていたら、どんどん腕が落ち気味で^^;
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
えりこさんのyoga、また受けたいです♪

投稿: yukarin | 2009.01.07 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お正月(おみくじ大吉) | トップページ | お年玉本 »