« 幻のトシさんクラス | トップページ | 代行のお知らせ:明日 »

2009.01.27

素敵な名刺、再び

本の装丁デザイン等をしている友人、

愛ちゃんに作ってもらった名刺が底をつきました。

そこで、再びお願いして、

バージョンアップした素敵な名刺をつくることにしました。

今回のポイントはふたつ。

①Kripalu yoga instractor からKripalu yoga teacherへ変更する

②A menber of KYTA(Kripalu Yoga Teacher Association)のロゴを入れる

前回の2つのタイプの名刺を元に、

やはり2種類、作りました!素敵です!!

バランスをよおおおく見て、

「ちょと、大きいかな・・・もうちょっと上にできるもの?」

なんて、二人で確認しながら、完成。

クリパルヨガのプレスポイントと同じです。

私の名前とロゴが引っ張り合い、活かしあい、バランスを取りながら、

紙の上に文字がちりばめられていきます。

一番しっくりくるところを、探って探って探って・・・・

うーん、悩む・・という時は、

「あ!ケーキがある、がんばろ!」と気合入れ直しました。

はは、結構頑張れます。

どちらも、依然よりも印象的。

愛ちゃん、いつもありがとう♪

なぜ、instractorでなくteacherを使うのか。

日本ではヨガの指導者に「instractor」が使われることが多いですが、

アメリカでは、大体において「teacher」です。

instractorは一時的にその場にやってくる講師のようなイメージもあり、

クリパルヨガでは、捕らえ方がずいぶんと異なります。

生徒さんが必要な期間にteacherは寄り添い、後ろからサポートする、

よりcloseな存在であるというあり方からteacherという言葉を使います。

そしてもうひとつ、KYTA(キタと読みます)のロゴ。

公認クリパルヨガティーチャーが使用可能な、

Kripalu Yoga Teacher Associationのロゴです。

クリパルヨガでは、「代表」のような言葉を使いません。

クリパルセンターと、クリパルヨガと30年程やりとりのあるトシさんでさえ、

日本代表ではないのです。

そういう概念は存在しません。

クリパルヨガティーチャーひとりひとりが、representative、代表なのです。

そしてそれをサポートしてくれるのが、KYTA。

基本的には、本人の意思によります。

それもクリパルっぽいです。

さてさて。

素敵な名刺の前に、愛ちゃんの手料理をいただきました。

112_21

      

西京焼きとドイツのライ麦パン

少しトーストしてあります。

西京焼きもやや甘めにできていて、さらにライ麦と相性よし。

「合うー、うわーおいしいー」なんて、ふたりで感激してました。

疑ってませんか?

みなさんもぜひお試しくださいな。

他にも、豆乳シチューやポテトサラダ。

時間をかけて、丁寧に料理してあるのを感じます。

生活の土台、食事。

私もここを、もっともっと、丁寧にやっていきたい。

食べることと作ること。

作ることにも時間を使う生活を、現実にしたいです。

◎石川愛子さんのHP(製作中)◎

http://www.sheepsleep.org/

もともと愛ちゃんは、同じselect shopで買い物をするお客さんつながり。

今では、私が大切に感じる名刺をデザインしてくれる友人です。

ほんとに、いつも、ありがとう。

ますますの活躍を祈るのだ。

|

« 幻のトシさんクラス | トップページ | 代行のお知らせ:明日 »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幻のトシさんクラス | トップページ | 代行のお知らせ:明日 »