« Lotus8忘年会 | トップページ | 妹の誕生日 »

2008.12.14

心がとけるポルトガル

ポルトガルって行った事ありますか?

私、大好きなんです。

なんとなく惹かれ、

じゃあ行って見ようと、ひとりあてなく、10日程旅した時、

トキメキマシタ。

その後、妹とふたりで、2週間旅しました。

~ご兄弟がいる方、一度兄弟、姉妹で旅行してみるといいですよー。

さまざまなことに気づかされ、あとで、本当にかけがいのない宝物になります~

ヨーロッパの懐の深さ、いいですよね。

ポルトガル、もー、大好きなんです。

なぜこんな話をするかというと・・・

日曜日、何ヶ月ぶりかで、なんと、私、1日、家にいました。

「あれ、エリコが家にいる。出かけないの?」と家族に驚かれました。

ハハ、すみません、くつろいでます。

そしてテレビをつけてみると、

ポルトガルが紹介されていました。

「色彩をとる旅」

テレビ朝日で、エプソンのプリンターやフォトビューワをふんだんに使う、

スポンサー色の強い番組でしたが、

ともあれ、懐かしさに引き戻されました。

どれくらいの日程で撮られたかわかりませんが、

あちこちと移動が多く、大変だろうなと思い、

ゆっくり少しとどまって、そこに住む人と片言の英語とポルトガル語で話すのが

楽しいんだよなあ、いいんだよなあ・・なんて思ってました。

ヨーロッパは、英語が通じにくいのがいいですよね。

田舎に行くとさらに通じない感じがたまりません。

あとはもう、「自分の素(もと)」しか残りません。

核だけです。

そんな時、

私はどんな風にコミュニケーションをとるのか、

またあきらめてしまうのか、

みていて興味深いのです。

そんな「自分の素」を感じるポルトガルにいくと、写真、撮りたいと思うんです。

この番組で久々に思いました。

余裕がないと、写真ってとても撮れないです。

ちょっと余裕のない時を長く過ごしていたようです。

私はデジカメ一眼レフをもってなくて、まだアナログです。

一目惚れして買いました。

5_2

「CONTAX Area

マニュアルフォーカスカメラ。Carl Zeiss。

オペラなどの「独唱」という意味を持つ、Area、美人です。

でも、詳しいことはわかりません。はは。

またカメラをもって、ゆっくり散歩しながら、

疲れたらカフェでガラオン(カフェオレみたいな飲みもの)を飲んだり、

ぼんやりしたり、ポストカードを書いたりする旅をしたいなあ。

とても豊かな時間。

ああ、ポルトガル。

EU加盟国前も後も、

そうだと思わせない、果てしなく牧歌的な、ゆるりとした空気たまりません。

そう、あの哀愁。

言葉を失います。

人を感じ、食を感じ、空気を感じる。

ふと、ヨガは流行ってるんだろうか?なんて思ったりして。

来年はクリパルセンターに行くか、ポルトガルに行くか、悩んでしまいます。

|

« Lotus8忘年会 | トップページ | 妹の誕生日 »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Lotus8忘年会 | トップページ | 妹の誕生日 »