« 小さくて大事なこと | トップページ | ふたりヨガ 2008/11 »

2008.11.24

クリパル・ティーチングメソッド(ティーチング編)

11/22,23,24の3連休、

クリパル・ティーチングメソッド(ティーチング編)に参加しました。

クリパルヨガが大切にしているヨガティーチャーとしてのメソッドを学ぶ、

ティーチャー対象の20時間集中プログラムです。

もちろんクリパルティーチャーだけでなく、

さまざまな流派のヨガティーチャーが、日本全国から集います。

数々のワークをして、自分をみつめ、感じていきます。

よおおく見つめます。よおおく見えてきます。

詳しいことを書いちゃうとつまらないので、秘密です。

ぜひ、参加してください。ふふ。

私は、自分のことを、ずいぶん変わったなあと感じます。

変わった・・もちろん変わったこともあるけれど、

より本来の自分に戻っていっているなあと感じます。

今の私、子供の頃の私とよく似ています。

心が開いていて、素直で、明るくて、こだわらなくて、正直で。

物怖じしなくてブレません。(正直でブレないのはずっとか・・はは)

多感な頃の私は、

自分が、他者から受け入れられないと感じると、

強固で高い壁をつくり、小さなことにこだわりました。

自分にとって好ましくないことが起こると、沈黙し、その人を寄せ付けない。

過剰に反応していたんですね。

私の弱さが、そうしていました。

このパターンの中にいることで、見るものを見ず、自己防衛していました。

そもそも私が、他者に受け入れられない表現をしたんです。

人生、間々ならないことなんて、次から次へと押し寄せてきます。

それはとても自然なことです。

すべてが自分の都合のいいようになるはずがありません。

なんて傲慢だったんだろう。

Life is short.

そんなことして人生を浪費している暇はないのです。

また、今までは弱みであった「他者とコミュニケーションをとること」は、

今はクリアになり、強みになりました。

弱みだったからこそ、活かしていける部分です。

この短い3日間を通しても、integration(統合)が起きました。

(クリパル)ヨガティーチャーとしてのあり方を、今の歩みを再確認しました。

生徒さんの力を100%信じ、尊重するためにできること、すべきこと。

主体的でありながら、

今与えらていることを素直に受け取り、それに委ね、

バランスをとりながら歩んでいきます。

私が私であるために。よりリアルであるために。

健やかに、のびやかに。

そして、たくさんの素敵なヨガティーチャーに出会いました。

ありがとうございました。

ひとりひとりが、自分の選んだ場でリアルでいられますように。

ヨガティーチャーであること。

大変だけど、「いいもの見つけちゃった!」と思いませんか?

私は、心からそう思います。

最後に、

クリパルヨガ創始者のアムレット・デサイの言葉。

「最高の学びは生徒が安心して

内面に向かい、

自分自身をみつめ、

新しい洞察を引き出すほどに、

教師が十分に生徒を愛して受け入れるときに起こるのです。」

いつも心に響かせて。

|

« 小さくて大事なこと | トップページ | ふたりヨガ 2008/11 »

yogaのこと、ワークショップのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小さくて大事なこと | トップページ | ふたりヨガ 2008/11 »