« passionとともに、正直でいること | トップページ | alkumi 「冬のちくちく手仕事展」 »

2008.02.16

春を待つ鎌倉へ

鎌倉で絵を描く友人、

こじまさとみちゃんに会いに行きました。

うわあ、やってきました!

横浜の自宅からそれ程遠くはありませんが、

やっぱり、ちょっと、

時のリズム、空気の違いを感じます。

まず、さとみちゃんも参加している「冬のちくちく手仕事展」を開催中の、

素敵なお店、alkumiへ。

展示会雰囲気はこちらから↓

http://eripalu-yoga.cocolog-nifty.com/blog/

Getattachment2_2

居心地がよく、2時間弱、居たのでしょうか。

ときめきました。満喫しました。

七宝焼きの小さい鏡と、さとみちゃんの絵本を購入。

大満足。ふふふ。

alkumiを出て、ふたり、鎌倉散策。

遅めのランチのお店では、

東京の中心部と違い、年齢層がかなり広いことに気づきます。

ご近所のリタイヤしたご夫婦や、

60代くらいの女性の方々の集まり、

その中に、私のように他から遊びに来ている人たちが

混ざり合います。

お店の方も、落ち着いた大人の雰囲気。

鎌倉が地元の方に愛されている空気を、肌で感じます。

ヨガのお仲間mさんお勧めの、権五郎神社へ。

4_3 2_2   

紅い梅                       白い梅               

春が、すぐそこまで来ています。

Getattachment4

喜ぶ、さとみちゃん!

空を見上げると、とんびが悠々と空を舞い、

月が小さく浮かんでいました。

海へ。

7_3 6_2 

波うちぎわで休む貝             犬のあしあと

3

冷たい空気を胸いっぱいに  (photo by satomi)

8_2

仲良し

Getattachment5_6

ご褒美

考えてみれば、数回しか会ったことのないさとみちゃん。

気づくと、家にまで遊びに行くくらい仲良しです。

どれくらい一緒にいたかは、関係ないんですね。

きっと、これから、ずっと、一緒に歩んでいく同志です。

そんな出会いに感謝して。

たくさんの微笑みとともに、ありがとう。

< おまけ >

さとみちゃんと出会いの場での、

かけがいのない存在「いるよ」に、再会。

手乗り猫だったのに、こんな大きくなりました!

ちょっとこわい顔してる・・?

9

   

|

« passionとともに、正直でいること | トップページ | alkumi 「冬のちくちく手仕事展」 »

感じる日々の記憶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« passionとともに、正直でいること | トップページ | alkumi 「冬のちくちく手仕事展」 »