カテゴリー「感じる日々の記憶」の444件の投稿

2017.07.16

ポルトガルひとり旅

Photo_4
 
ポルトガル リスボン
 
3回目のポルトガル。
 
久々の北米以外の旅、ひとり旅に行って参りました。
 
石畳に朝陽があたり、いい雰囲気です。
 
いろいろあり、書きたいことが盛りだくさんなのですが、
 
まずは。
 
初のロストバゲッジに遭いました。
 
それも行きです。
 
リスボン空港に着いたら、荷物が出てこなかった・・・。
 
ああ、機内持ち込みすればよかった・・。
 
やれやれ。
 
予定では、
 
19時半くらいにはホテルに着いて、21時過ぎまで明るいし、
 
軽く近所を散歩して、
 
カフェでタラのコロッケとNATA(エッグタルト)、おいしいコーヒーでもいただいて、
 
ポルトガル到着日を味わっちゃおう♪と思っていたのですが、
 
実際は、
 
「とにかく、寝よう。明日起きたら考えよう。」と、ベットに倒れ込みました。
 
日本からはやっぱり遠くて、家をでてから24時間経ってます。
 
とにかく休息しなければ。
 
 
リスボン空港でロストバゲッジの手続きをすると・・・
 
「荷物番号を調べても今は何もでてこない」って係のお姉さんはいうけど。
 
そんな・・・。
 
ここで落ち込むか、旅を楽しむか、自分次第。
 
これもひとつの経験で、たくましくなるチャンスなんじゃないか。
 
そう思いつつ、やりとりを進めます。
 
「まあ、だいたい明日の朝に着きますよ。」という、
 
お姉さんの言葉は無情にも空に舞い、
 
ポルトガル滞在中、ホテルを3か所お世話になりましたが、
 
どこにも届かず仕舞いでした。
 
ホテルが変わるごとに説明し、
 
「届きました?」「NO~」、
 
腕を組み、一緒に首を左右に振る、みたいなやりとりを何十回繰り返したことか。
 
 
成田でチェックインする時には、
 
ワルシャワでの乗り換えがショートトランジションだったため
 
乗り遅れないかどうかの相談をして、
 
預け荷物にはショートトランジションのタグをつけてもらいました。
 
乗り遅れは心配していたけれど、ロストバゲージの心配はしていなかった。
 
※以前、乗り遅れました。
 
カルガリー ➡ トロント ➡ NY
 
この時はカルガリーでのチェックイン時に、
 
トロントのフライト時間が変更になっていたのを知らされていなくて、
 
私もよおおおおおおおく見ていなかったこともあり、ぜんぜん間に合わなかった。
 
「荷物の重さが超えてるけど、超過料金かかるのとかからないのどっちがいい?」
 
なんて話をチェックイン時にして、超過料金なしで通してもらったんだけど、
 
それより大切なこと言ってよ~。
 
 
Photo_6
 
Photo_7
 
ただ、
 
ポルトガル人はとても親切で、親身に現実的サポートをしてくれます。
 
他の国とずいぶんと印象が違います。
 
困っていた時に、ちょっと話してみたら、
 
思いがけなく助けてくれたことが、今回もたっくさんありました。
 
サービス業以上の、
 
「この人困ってるから、これなら私できる」といった感じで助けてくれるんですね。
 
現実的に救われるのはもちろん、
 
ホッと安心し、励まされるような感覚、救われたことが何度あったことか。
 
リスボンは観光客でいっぱいですが、
 
変に擦れていないというか、
 
バリっとした接客というより、
 
もう少し、いい距離を保ちながら寄り添ってくれるというか。
 
もしかしたら、日本人の感覚に近いのかもしれません。
 
日本人が行動に示すかどうかは別にして・・。
 
 
「旅の記憶は人の記憶」
 
そんなお話も含め、
 
これからポルトガルを旅したい方、
 
ロストバゲージを回避の方法と遭ってしまった時の対応なども、
 
お伝えしていきます。
 
日本に乗り入れしていな航空会社を使う人は、
 
お困りになる方もいらっしゃるのではないかと思うので、
 
少しでも私の体験がお役に立てば幸いです。
 
 
ちなみに、おかげさまで、荷物は帰国後に戻って参りました。
 
バック2週間、ひとり旅でした。
 
今は、ロストバゲージしたために購入した服や化粧品など日用品のための
 
荷物遅延保障に対応してもらうべく、
 
現地TAPポルトガル航空とやりとりしています。
 
日本支社がないのは、なかなか煩わしいですが、頑張りますgood
 
Photo_8
 
 
 

|

2017.06.22

ご褒美

1_2
 
帰り道
 
夕陽が蜂蜜みたいな色で空に広がっている。
 
わああああ、ご褒美だ。
 
追いかける。
 
 
2_4
 
蜂蜜色から、ミルクティー色に。
 
一瞬、一瞬、表情を変える夕陽に見惚れながら、自転車をこぐ。
 
散歩している人や、ランニングしている人、
 
同じ時間を楽しむ人たちも、
 
夕陽に足を止めたり、振り返ったり。
 
 
さらに追いかける!
 
 
 
3_5
 
また陽が進む。
 
桃色が濃くなって、深くなって。
 
4_2
 
うんと桃色が濃くなって、藍色の空が広がっていく。
 
仕事後、頑張ったご褒美。
 
 
今日も昨日も、いい夕陽でした。
 
素敵でした。
 
それだけheart01
 
 

|

2017.06.09

迷い、戸惑い、いい感じ

1_2
 
いやー、迷っています。戸惑ってます。
 
眠りが浅い。
 
珍しい。
 
そんな自分にも戸惑ってます。
 
でも、きっと、それも「いい兆しだ」と、やっと、信頼し始めました。
 
ある程度のザワザワを抱えながら・・・。
 
 
何に迷い、戸惑っているかというと、
 
どんな写真を撮ればいいのかということ。
 
9月の写真展のために。
 
 
 
8_2
 
5月に再び軽井沢へ、
 
森に新緑を撮りたくて、行ってきました。
 
☝こういうのが撮れるなんて、嬉しかった。
 
好きな一枚。
 
でも、いざ撮れてみると、
 
それはそれで、なんというか、それほどの感動でもない。
 
この写真が・・というよりも何枚か並べて見た時に、
 
「違う」
 
「これじゃない」
 
「これだけじゃ、つまんない」
 
 
 
5_2
 
6
 
9
 
どれも清らかで、儚く、同時に力強さを感じる瞬間だったのですが、
 
これを自分の写真展で・・・とは全く思ってないことがわかりました。
 
そろそろ写真を決め始める頃なので、
 
まずい、じゃあどおする?
 
みたいな焦りがあるんだろうな、とも感じていました。
 
「小さきもの」にフォーカスした写真に戻ろうと思ってはみたものの、
 
それもどこか違うような。
 
来月、久々にヨガと全く関係なく海外を旅するので、
 
どんな写真が撮れるのか、
 
または「違う」と感じる写真が撮れるのか。
 
どうなるかわからない不安を感じもしているようです。
 
まさに、今まで築いてきたことが破壊され始める時がきたようです。
 
ということで、
 
その先にあるものは、新しく始まる時です。
 
創造が待っています。
 
「迷い、戸惑い、いい感じ」
 
 
変わることは世の常。
 
変わり続ける本質のために、変わらない自分の軸を信頼してやってみる!
 
まさに、私の写真展のテーマでもあります。
 
 
変化の波に、自分に飲み込まれずに、
 
写真という喜びに、感謝の薪をくべ続けながら。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

2017.05.15

写真家 ソール・ライター展

Img_1629
 
 
 
渋谷Bunkamuraで開催中の「ソールライター展」、
 
とっても話題になっているようですね。
 
寒い時期に買って、ずっとお財布に入っていたチケットを持って、
 
私も行って参りました。
 
 
「写真を見る人への写真家からの贈り物は、
 
日常で見逃されている美を時々提示することだ」
 
                          ~ソール・ライターの言葉より~
 
 
 
ほんとにそうだ。
 
写真家ならずとも、
 
写真を撮ることを通して、世界がすでに美いことに気づかされていく。
 
朝を起きて自転車で駅へ向かう途中に、
 
目にする、感じる、さまざまなもの、
 
つまり、木々、川、大地、光、雨、風、建物、人、
 
そして、風、音、匂い。
 
その一つひとつが、融合が美しい。
 
「なっんて、美しいんだろう」
 
存在するすべてのものに意味あり、この世界が成り立っている。
 
例えそれが、どんな世界であろうとも。
 
 
「日常で見逃されている美を時々提示すること」
 
 
過去や未来に気をとられ、
 
起きていないことを心配しがちな私たちに向けて、
 
日常で見逃されている美が、すでに目の前にあることを、
 
1枚の写真で気づかされる。
 
提示してくれるのは写真だけでなく、
 
ヨガかもしれないし、瞑想かもしれない。
 
また、あなたの夢中になっている何か、意識的なことかもしれない。
 
盲目にならずに、今を感じていたい。
 
 
「幸福は人生の要じゃない。
 
それ以外のすべてが人生なんだ。」
 
 
ああ、友達になりたかった!
 
そんなソールライターの『急がない人生で見つけた13のこと』
 
ル・シネマで5月20日より上映される。
 
こちらも楽しみだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

2017.05.14

自然のサイクルの中で

Photo_2
 
桜の季節が終わり、
 
若葉が目に美しい今日この頃、
 
みなさま、お元気ですか?
 
 
今年は暑さ寒さを、ゆっくりと繰り返しながら、
 
季節が進んでいるようです。
 
暑いのが苦手な私は、
 
昨年の今頃には、すでに日々、麻の服ばかりでしたが、
 
今年はというと・・・
 
私でも時折寒いと感じたりしています。
 
なんというか、気持ちいい。
 
体調が崩す方も多いみたいですので、
 
無理なさらないように!
 
 
久々に昨日たっぷりの雨が大地を湿らせ、今日は朝から曇り空。
 
15時半くらいから思い出したかのように陽が射してきて、
ウキウキしながら、カメラ片手に光を探し、散策へでかけました。
 
雨の後は、また緑が美しい。
 
 
雨が降って、空が曇って、陽が注ぐ。
 
久々の雨の後は、
 
このありがたいサイクルに、感謝したくなります。
 
晴れの日ばかりがいい日じゃない。
 
すべてが必要で起こっている。
 
ありがたいサイクル、楽しんでますか?
 
 
 
 
 
 
 

|

2017.04.29

さくらよ続け、平和よ続け

遅くなりましたが、
 
現像が上がってきた今年の桜を数枚。
 
渋谷 桜が丘
000016_2
 
 
中目黒
 
000019_2
 
000022
 
 
老若男女がカメラ片手に桜を見上げるこの季節。
 
まぶしそうに、嬉しそうにする人々の表情が大好きだ。
 
 
この平和がずっと続きますように。
 
守られますように。
 
 
 
 
 
 

|

2017.04.23

ふるカフェ系 「涼の音」

6_3

「涼の音」

壁に大きな透明な窓。

4月半ば。

軽井沢はまだまだ静か。

駅から散歩しながら、朝ごはんをいただこうとやってきたのです。

一番乗り!

お庭に差し込む朝の光にうっとりする間もなく、

カメラをもって外にでる。

庭で春が始まったばかりの光を味わう。

 

そろそろ準備が整う頃かなと戻ろうと窓の方をみると、

ちょうど、お皿を運ぶお店の方と目が合って、カフェの中へ。

席に着くと、

となりにある暖炉には火がくべられ、

それをあったかいと感じる心地よさ。

こっち(東京・横浜)に比べるとまだ少し寒い。

 

7_2

朝ごはんがこちら。

やった!

日々の生活の朝ごはんの時間の短さっていったら!

まるでそれを埋め合わせするかのように、

たっぷりと、じっくりと、時間をかけて満喫するひととき。

これは私の旅の醍醐味なんだなあ。

少しすると、

ひとり旅らしき女性の方がいらして、食事後に本を読んだりしてほっこり。

エネルギーチャージ。

5

NHKさんの「ふるカフェ系 ハルさんの休日」という番組がきっかけで

始めて知ったカフェでした。

NHKさんって、

時代の空気を感じた、あらゆるジャンルの番組をたくさんやっていて、

心底、感心し、興味深く拝見しています。

動きや変化のスピードが早い世の中に、

敏感にアンテナ張って、大変なお仕事だろうなあ。

ということで、

ちょうど軽井沢に行く前の再放送で伺うことができました。

3

4

国の有形登録文化財にも登録された建物のカフェです。

作家の森瑤子さんの別荘でもあったんですって!

 

ゆっくりした時間をありがとうございましたwink

 

 

 

 

|

軽井沢千住博美術館

3_1
 
 
 
今回はどこにいこっかなあと、
 
朝ごはん後にふらっと訪れたインフォメーションで目に留まったのが、
 
「軽井沢千住博美術館」。
 
 
展示物の先に広がる大きな窓、そこから見える外の景色が美しく、
 
よく考え、創られた空間。開放感。
 
パンフレットからも伝わる、
 
その美しさと開放感に魅了され、行くことにしました。
 
 
2
 
1_2
 
 
特に千住博氏の「The Fall 」シリーズは美しく、
 
目の間に立ち、
 
しばらくみつめてしまいました。
 
みつめさせられてしまいました。
 
さらに、
6月26日まで春夏の動画作品を鑑賞することができるというので、
 
上映の少し前に、ライトを押さえた動画の部屋へ行くと・・・
 
横に長い、シンプルなベンチの真ん中に座り、目の前にそびえる滝に対面。
 
千住真理子さんのバイオリンのドラマティックな旋律に乗り、
 
進んでいく7分間の動画。
 
シンプルに研ぎ澄まされていて、溜息をつくほど美しい。
 
WOW...
 
ああ、もう一度、観たかった。
 
あまり時間に余裕がなく残念でしたが、
 
この時期、軽井沢はまだ混雑しておらず、
 
運よく、動画空間、ひとりじめでした。
 
秋冬の動画もあるとのことだったので、ぜひ伺いたいと思います。
 
※動画作品は、もともとある「絵画」を映像技術によって動かしているそうです。
 
  美術館HPにある館内紹介の動画とは異なります。
 
 
3_2_3
 
行ってよかった。
 
そう思いました。
 
これから軽井沢は桜が咲いたり、若葉がキラキラする季節なので、
 
この美術館、またいいんだろうなあwink
 
フィルムの現像がまだ仕上がってないので、今回もiPhoneの写真。
 
美術館の近くに、
 
長野の寄りたくなってしまうご当地スーパー(観光地!)、TSURUYAさんがあります。
 
そこから見える浅間山。
 
3_4
 
山の街なんだなあ。
 
軽井沢は標高が高く、こっちとは比べ物にならないほど、
 
陽ざしが強く、肌を射されてる、すごく肌を射されてるといつも感じます。
 
昨日は手袋して街を歩いたのに、ウソみたいです。
 
喉も渇き、確かTSURUYAさんにミカド珈琲さんが入ってたはず!と思い出し、
 
時間のない中立ち寄り、モカソフトをいただきました。
 
しみこみました。
 
 
陽ざしの強さ、乾燥した感じ、
 
昔住んでいたカナダに、ホント、よく似ています。
 
 
あ。
 
嬉しかったことがありました。
 
人が創り出したもの、作品から、inspireされました。
 
そのあと撮った写真が早く見たい!
 
 
 
 
 
 
 
 

|

2017.04.19

軽井沢の朝ごはん

長野が大好き。
 
穂高、安曇野、長野市、そして軽井沢。
 
関東からも行きやすいので、ついつい足をのばしてしまいます。
 
誕生日前に、またふらっと、春の軽井沢へ。
 
新幹線で1時間ほど。
 
乗り換えでの東京駅の混み具合に、
 
新横浜 ☞ 軽井沢だったらいいのになーとホンキで思い、
 
ちょっと念じます。はは。
 
さて。
 
まだフィルムを現像していないのでiPhoneの写真で、
 
常宿の朝ごはんを紹介。
 
Img_1306_2
 
カリフラワーのスープ
 
体あったまります。
 
 
Img_1308_5
 
ココット
 
えびがプリッといくつも入っています。
 
奥にはいつもの手作りジャムが、礼儀正しく並んで。
 
 
Img_1309
 
ちこりが笑顔でこっちを見てます(^^)
 
「おはよー」
 
 
Img_1311
 
新鮮な果物とスマートなヨーグルト
 
happy01今回もどれもこれもおいしいhappy01
 
周りのゲストからも、
 
「あ。おいしい」の声、聞こえてきました。
 
 
バスの予定があることを告げ、
 
少し急ぎめで対応してくださいましたが、
 
ホントは、もっとまったりと食事したいところです。
 
食事がおいしいのはさることながら、
 
空間も時間の流れも、とてもいい。
 
目の前のお庭を眺めながら、鳥のさえずりを、もっとゆっくり楽しみたい。
 
そして、何より心に響くのは、
 
目の前の食材を丁寧に扱い、
 
食べる人を向けて、誠実に準備してくださっていると感じるところ。
 
そういうのって伝わります。
 
まるで幸せを願ってもらっているようですよね。
 
宿の方も覚えてくださって、とても安心する場所にもなってます。
 
こういう場所がひとつ、またひとつと増えていくことが、
 
人生を豊かにしてくれるんだなあ。
 
 
 
 
 
 

|

2017.04.08

可憐城 ♡ 姫路城

000032_3
 
姫路城
 
 
可憐で、色白美人の姫路城。
 
雲がいい感じに撮れました。
 
2月にひょんなことから姫路に行くことになり、
 
姫路城にも立ち寄りました。
 
姫路駅の2階からは、
 
目抜き通りの真正面に美しくそびえたつ姫路城を、
 
まっすぐに眺めることができるんですね。
 
ただそのためだけに、よく考え創られています。
 
さすが、世界遺産の街です。
 
暖かい季節なら、しばし、のんびり眺めてるだろうなあ。
 
 
さて、いつものように空いた時間で写真を撮れたらいいなと、
 
フィルムカメラを持参していたのですが、
 
何かにぶつかったのか、ふと気づくと、カメラのフタが開いてましたcoldsweats02
 
命拾いした数枚のうちの2枚。
 
000019
 
000022_3
 
 
 
お土産はコレ!
Img_1197_2
 
名産 姫路革細工
 
色合いも華やかで、形もキッチュです。
 
工芸品ってたまりません。
 
クラシカルでフェミニンなものが大好きで、
 
華奢なラインに魅了されるのが常なのですが、
 
なんだか真逆の、
 
ぽってりとした工芸品のようなものにも心奪われます。
 
ポルトガル好きなのも、そっちよりだなって思います。
 
 
Img_1044
 
それと、ご当地名物アーモンドバター!
 
これは洋菓子やさんで購入しましたが、
 
お店の方に、
 
「必ずパンに塗ってからトーストしてくださいね」と教えていただき、
 
そうすると☟
 
Img_1039_2
 
おいしかったーhappy01
 
最近我が家で流行っている、少しハード系の酸味のあるパンにも、
 
よく合う甘さで、2週間で空になりました。
 
ああ、コワイ。
 
その他いろいろ、お菓子やお塩もお土産にしました。
 
お土産は、旅を振り返り、懐かしむことができる力を持っています。
 
また、それを家族や友人に分け合うことができます。
 
それがお土産のすばらしいところ。
 
さあ、今年はどこを旅するチャンスに恵まれるのか。
 
楽しみですwink
 
 
 

|

より以前の記事一覧